修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

圧倒されたニューヨークの街並み

 

f:id:travelpudding:20170404182345j:plain

f:id:travelpudding:20170404181652j:plain

 

f:id:travelpudding:20170404181823j:plain

 

f:id:travelpudding:20170404181903j:plain

 

f:id:travelpudding:20170404181948j:plain

 

f:id:travelpudding:20170404182024j:plain

 

f:id:travelpudding:20170404182103j:plain

 

f:id:travelpudding:20170404182142j:plain

 

f:id:travelpudding:20170404182227j:plain

 

f:id:travelpudding:20170404182428j:plain

 

f:id:travelpudding:20170404182306j:plain

 

※次回はニューヨーク・JFK空港へ向かいます

 

travelpudding.hatenadiary.jp

travelpudding.hatenadiary.jp

 

少し変なJMBクリスタル到達


私は今日、2017年度のJMBクリスタルステータスに到達しました。

f:id:travelpudding:20170404000045j:plain

「御座候の記事を書いておいて、いつの間に飛行機に乗ったのか」という意見も聞こえてきそうですが、今日私は飛行機に乗るどころか、空港にすら行っていません。


じゃあなぜ今日クリスタルに到達したのかというと、理由は「イベリア航空」にあります。


いずれ記事にしますが、私はニューヨークからアムステルダムまでイベリア航空を利用しました。

イベリア航空ワンワールドの航空会社なので、当然JALマイレージバンク(以下JMB)でもマイルを貯めることが出来ます。


ところが、なかなかマイルが加算されないのです。

オフィシャルで買ったチケットではないからか…そう思い、マイルの事後加算をお願いすることにしました。


JMBのワンワールド提携会社のマイル加算は、電話では出来ないのでネットから申し込む必要があります。


まずはこの画面の「マイル事後加算について」をクリック。

f:id:travelpudding:20170403235705j:plain

次に画面が開いたら下画面に推移して、「国際線/提携社 事後登録申請」をクリックします。

f:id:travelpudding:20170403235728j:plain

あとはこちらに必要事項を記入するだけです。

f:id:travelpudding:20170403235744j:plain

公式には1〜4週間で加算されるとありますが、今回は1週間程度で加算されました。


イベリア航空に搭乗したのが2月6日、最後に飛行機に乗ったのが3月7日です。

本来であれば3月の第2週あたりでクリスタル達成してもおかしくないのですが、ここまで遅れることになりました。


どうせだったら3月7日のフライトでクリスタル達成したかったんですがね。


こういうパターンもあるよというお話でした。

関東でも「御座候」が食べれられる話


私は、生まれが関西で育ちが関東なのですが、時々猛烈に関西の食べ物が欲しくなるんです。

この気持ちわかりませんか?わからないならぜひわかって欲しいです。


関東で食べる関西の食べ物って、「なんかちょっと違う…」という感想を抱くものが多いのも困りもの。あと値段が調子乗ってるのも…


また、プロ旅行者の人達は「(関東に)関西グルメがないなら飛行機で食べに行けばいいじゃない」と、まるでマリーアントワネットのような事を言いますが、一般人にはさすがにキツい。


そんな一般人に朗報(?)です。


なんとあの「御座候」が東京でも食べられるんです。

f:id:travelpudding:20170403192931j:plain

知らない人からすれば、「なんだそれ?」って思うかもしれません。

そもそも「御座候」とは、兵庫県姫路市に本社を置く、回転焼を売り出しているお店です。

この回転焼そのものを「御座候」と呼ぶ地域もあります(私もそうです)。


「別に回転焼なんて全国どこでも食べられるじゃねえか」と思うかもしれません。


それでも御座候をプッシュするのは、なんと言っても「調理工程が目の前で見れて、出来たてを食べられること」だと思うんです。

この調理工程は、いつ見ても手際が鮮やかですごいなあって思いますね。

f:id:travelpudding:20170403192953j:plain

では、肝心のお店はどこにあるのか?

色々候補はありますが、私は池袋の「御座候」へ行きました。


他にもいくつか店舗はあります。詳細はこちらから。

http://www.gozasoro.co.jp/shops/index.html


JR池袋駅の南口から行くのが1番ベストです。


まずは南口の改札を背にして右へ。「メトロポリタン方面」の看板に従います。

f:id:travelpudding:20170403193035j:plain

ここから斜め左に向かって通路を突っ切ると、こんな景色が見えるので、写真の赤矢印の方向へ。

f:id:travelpudding:20170403193142j:plain

すると東武百貨店の入り口が見えるので中へ入り、エスカレーターで地下2階へ。

f:id:travelpudding:20170403193237j:plain

エスカレーターを降りると、お店はすぐに見えてきます。

f:id:travelpudding:20170403193209j:plain

中身は赤あんと白あんの2種類が選べます。価格はどちらも1個85円。

f:id:travelpudding:20170403193302j:plain

私は赤あん2つを購入しました。


食べてみた感想は…やはり美味しい!

関東と関西で味が違うかな?と思いましたが、そんなことはありませんでしたね。よかったよかった。


ちなみに池袋の東武百貨店は、関西人が食べ終わった後の容器まで再活用することで有名な「モロゾフ」のプリンもありますよ。そちらもぜひ!

メガバスでワシントンからニューヨークへ

 

前回の記事では、ワシントンからニューヨークへの移動手段を「メガバス」に決めたところまで話しました。

 

今回はその続きです。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

参考までに、メガバスの予約はこちらから行えます。

1番上をクリックし、あとは出発地と目的地、日付を入れれば候補が出てきます。

http://mobile.usablenet.com/mt/www.megabus.com/MainLanding.aspx

 

メガバスのワシントン側のターミナルは、「ワシントン・ユニオン駅」です。要は中央駅ですね。

 

ユニオン駅は鉄道の駅ですが、バスターミナルでもあるのです。新宿駅と似ていますね。(東京の「中央駅」といえば、間違いなく東京駅でしょうがあえてスルーしていただく方向で。)

 

ユニオン駅へのアクセスはとても簡単です。

ワシントンメトロを使うなら「レッドライン」のユニオン駅で下車すればOK。

 

さてユニオン駅に1時間前に到着し、バスターミナルを探します。

というか、ユニオン駅…建物がかっこよすぎます。

f:id:travelpudding:20170402085326j:plain

 

f:id:travelpudding:20170402090453j:plain

バスターミナルは鉄道が発着するフロアの上にあります。かなりわかりづらいですが、頭上の案内表示に「bus」と書いてあるので、それに従えば大丈夫です。

 

10分ほどでバスターミナルに到着。

しかし、バスの行き先を示す電光掲示板のようなものは存在しないので、こればっかりは係員に聞くしかないです。

 

メガバスのニューヨーク行きはどこですか?」と係員に尋ねたら「あれだよ」と答えてくれました。

f:id:travelpudding:20170402085421j:plain

メガバスは、遠目で見ても「絶対このバスだな」という風貌はしているのですが、行き先が違ったら笑えませんしね。聞いておくのが正解です。

 

バスは基本自由席なので、好きな座席に座るには30分ぐらい前から並ぶ必要があります。

座席指定も出来ますが、指定料金がかかりますし(そこまで高くないが)、このぐらいのから並んでおけば座席指定の必要はありません。

 

列に並んでる間に、前の中国人に

「このバスはニューヨーク行きですよね?」

と尋ねられました。

 

「いやいや、そこ確認してから並ぼうよ…」

と思いましたが、ツッコむのも野暮なので「そうですよ〜」とだけ返しておきました。

 

それから雑談に花が咲き、どうやら彼はこれからニューアーク空港に行き、飛行機でシアトルの親戚の家に行く予定だったようで。

 

私の拙い英語でもしっかり意図を理解してくれる優しい方でした。

 

そうこうしているうちに、バスの出発準備が完了。運転手がチケットを確認します。

 

この時予約確認書をちゃんと「印刷して」持っておいた方がいいです。

この紙を忘れて、バスに乗れないトラブルが発生することもあるらしいので……

 

メガバスダブルデッカーなので、当然2階へ。

いざ座ってみると意外と快適です。

f:id:travelpudding:20170402085524j:plain

 

f:id:travelpudding:20170402085558j:plain

元々アメリカ人向けのバスですし、ちっさい日本人だと、かなりゆとりのある設計に思えてきます。

車内にはトイレがあって、しかもコンセント電源もあって(コンセントタイプは日本と同じAタイプ)、なんとWi-Fiまで使えます。なにこれ快適すぎる。

f:id:travelpudding:20170402085635j:plain

Wi-Fiは時々使えない事があるみたいですが、今回は全行程で特に問題なく利用出来ました。

 

多少遅れるかなと思いきや、定時で出発。

ワシントン市街は信号が多く、だらだら走りますが、高速道路に入るといたって快適。

f:id:travelpudding:20170402085720j:plain

バスは、1時間半ほど走ったあとボルティモア郊外のバス停に止まり、ここで最後の客扱いを終えます。

ここで車内は満席に。それでもゆとりある座席のおかげで、特に不快ではありませんでした。

f:id:travelpudding:20170402085800j:plain

 

f:id:travelpudding:20170402085848j:plain

 

f:id:travelpudding:20170402085924j:plain

 

さらに2時間ほど走ると、ニューヨークの街並みが見えてきます。

 

バスは「28th street駅」のあたりで停車します。「ペンシルバニア駅」の近くなので、かなり便利な位置に止まってくれますね。

f:id:travelpudding:20170402090020j:plain

ブログで腹が立った話

 

twitterでは何日か前に言いましたが、ブログを見て久々にイラっとした話をします。

 

※私個人の意見なので、その点はあしからず。

 

事の発端は「てるみくらぶ」の破産です。

 

このニュース、私にとってはなかなか大きなものでした。利用したことはないにしろ、旅行系ブログでも名前が上がるぐらいには有名だったので。

正直、ここまで大きな話になると思いませんでしたが。

 

それはさておき。

この「てるみくらぶ破産」のニュースを受けて、様々なブログがこのニュースを取り上げました。この画像で一躍有名になりましたね。

f:id:travelpudding:20170330092135j:plain

その中で極めて不快だったものがあります。

 

あえて個人名は出しませんが、最初はてるみくらぶの事件の被害について、詳細に説明してありました。

 

ここまでは問題ありません。むしろ被害の実態をまとめている点で、とても素晴らしいと思います。

 

しかし、その記事は「私はANAのマイルを貯めて旅行しています!貯め方はこちらから!」という文章で結ばれていました。

 

「はあ?」って思いましたよ。正直。

 

ここでそれを紹介する意味がわかりません。

 

てるみくらぶ破産でこんな被害がありました。無事に帰国できる事をお祈りします。」

 

これで問題ないですよね?

 

それをなぜ

てるみくらぶ破産でこんな被害がありました」

「(私はそんな破産するようなてるみくらぶを使わずに)ANAマイルを貯めて旅行しています」

「その方法はこちら!」という文章にしたのか。

 

デリカシーというか、配慮に欠けているのではないでしょうか?

 

見ていて心底腹が立ちました。この記事を書いた人間は、果たして「てるみくらぶの被害者」を心配しているのかと。

 

私は当事者ではないので、これは過剰反応かもしれませんが、もし私が被害者でこの記事を見たら、多分怒り狂うと思います。

 

最近、陸マイラーブログがしのぎを削って、自分だけ利益を得ようと必死ですよね。

いかにしてポイントサイトの子分を増やすか。自分のブログを見てもらうか。

 

気持ちはまあわからなくもありません。

 

しかし、例えそれが目的だとしても、他人の不幸を心配しつつ結果的に自分の利益を確保する(ようにも受け取れる)。みたいな見苦しい真似をするのはやめて欲しいです。

 

 

追記:話はこれだけに留まりませんでした。

なんと、その当事者が「てるみくらぶのツアーを紹介して」いた事が発覚したのです。

 

それでいて、よくもまあのんきにANAマイルの貯め方を紹介出来るもんだなあって思います。

 

こういう事例もありますが、個人的に今回はこれより酷いと思います。

travelpudding.hatenadiary.jp

 

ワシントンからニューヨークへはバス利用が最強?

 
ワシントンでの観光を無事に終えたので、翌日はニューヨークへバスで移動することにしました。

f:id:travelpudding:20170327151554j:plain

ニューヨークへの移動手段としては色々候補があり、「飛行機、アムトラック(高速鉄道)、バス」が挙げられます。
 
話は逸れますが、アメリカ国内(の主要都市間)を移動するとなると、1000キロの移動もザラです。
※前日移動したシカゴとワシントンD.Cの間も、直線で約1000km離れています。
 
そんな国なので、移動手段の候補として飛行機がまず第一に上がってきます。

f:id:travelpudding:20170327151725j:plain

※アメリカ在住者は当然車が最優先でしょうが、ここでは観光客向けの話をしています。
 
ならば、アメリカ国内移動において、飛行機以外の乗り物は全く使えないのか?
 
そうでもないんです。
 
その典型的な例が、先述したワシントンからニューヨークの間です。
 
この2都市は350kmほどしか離れていません。日本で言うなら、ほぼ東京ー名古屋間に相当します。
こんな距離なので、飛行機の「遠距離まで速く到達出来る強み」があまり発揮されません。
 
保安検査もめんどくさいですしね。
飛行機の所要時間は約1時間と短いですが、お値段は高めです。
 

早朝深夜だと安い便もありますが、時間のいい便だと、ゆうに1万円を越えてしまいます。

 
また、空港が市内から遠いので、そのアクセスにも時間がかかってしまいます。
 
 
では鉄道移動(アムトラック)はどうでしょうか?参考までに、飛行機と同じく6月6日(火曜日)の運賃を見てみました。
 

f:id:travelpudding:20170327162439j:plain

少し遅いregionalの最安で49ドル、最速のアセラエクスプレスは、最安運賃が165ドルもします。
regionalはワシントンーニューヨーク間を約3時間30分〜3時間50分、アセラエクスプレスは約2時間50分で結びます。
 
※どれだけ予約時期が早くても、この値段を下回ることはありません。
 
 
それではバスはどうでしょうか?
 
メガバス以外にもバス会社はいくつかあります。私は「メガバス」という会社を選択しました。理由は、ワシントン10:00発という、ちょうどいい時間の便がメガバスで運行されていたため。
 
費用はなんと24.75ドル(手数料込み)。
利用4日前に予約してこのお値段ですから、破格と言わざるを得ません。
 
もっと早めに予約すると、なんと5ドル(別途手数料が必要)でも取ることが出来ます。

f:id:travelpudding:20170327162516j:plain

問題の所要時間は、4時間40分と3つの選択肢の中では1番長いですが、ニューヨークの中心地へと連れて行ってくれるのは便利ですね。
※他のバス会社も所要時間はほぼ同じですが、最安値はメガバスで間違いないでしょう。
 
というわけで、ワシントンーニューヨークの主要交通手段を比較してみましたが、いかがでしたか?
 
この2都市間では、バス利用は十分ありどころか、最初に上がってくる選択肢になりうるのではないでしょうか。
 
次回は、実際に乗車してみた感想を記事にしたいと思います。

何のためにブログを書くのか?


今朝Twitterを見てたら、「誰のために、何のためにブログを書いてるのかわからなくなった」というツイートが流れてきました。


そんなの決まってるじゃないですか。

「自分のため」です。

むしろそれ以外にあるんですか??


私は完全に備忘録として書いてますが、これも自分のためですよね。


※「書きたいから書く」のも、もちろん自分のためです。

f:id:travelpudding:20170322092305j:plain

もちろんそれ以外にも、ブログを書く動機はあるはずです。


流行りの陸マイラーブログでいうなら、「ポイントサイトの紹介で稼ぎたい」、あるいは「広告収入が欲しい」。これに尽きるんじゃないでしょうか??


これって誰のためですか?他人のためですか?

いいえ違います。自分のためです。


こうした人達は、「慈善家だから、他人に情報を教えてあげている」わけではありませんよね?

もし自分でそう思っているのだとしたら、言動と行動が合っていませんよ。


もちろん、「他人に情報を教えてあげているけれど、広告収入が入っていない」というパターンも、存在するでしょう。

ならこの人達はなぜブログを書くのか?


だいたいは、備忘録としてか、情報を提供して他人に感謝されたいか。このいずれかじゃないでしょうか?


「他人に感謝されたい」という行為は、一体誰のためですか?もう言うまでもありませんね。


仕事で記事を書かなければならない人もいますが、私たち一般人はそんな事ありません。


書きたくなければ書かなければいいんです。

誰も強制していないんですから。


そこでモチベーションが保てないなら、いっそ辞めてしまっても問題ないんですよ。


その選択も「自分のため」ですし。