修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

日本という国の素晴らしさ

 

 

最近海外に行き始めた私が思う「日本の素晴らしさ」。

生まれた国であり住んでる国なので、勝手がわかるというのも一因でしょうが、私は日本という国はなんていい国なんだろうと思います。

 

※以下は日本を基準において考えています

 

まず、治安を心配しなくていい。

これがほんと大きいです。夜1人で出歩いたって大丈夫。そんな国って意外と多くないんですよね。

 

f:id:travelpudding:20170212063802j:plain

 

次に、食事が安くて美味しい。

食事が安いけど美味しくない、あるいは食事が美味しいけど高いという国はゴロゴロあります(味が悪くて値段も高いという国ももちろん存在する)が、低価格のコンビニ弁当ですら美味しい国はそうそう見かけません。

 

f:id:travelpudding:20170212064031j:plain

 

そして、建物が独特だということ。

よく欧米と比較して「街が汚い」と言われる日本ですが、もし日本の建物が欧米式で作られていたら、多分欧米に行っても新鮮さが感じられないでしょう。

 

(それでも過激派欧米教の人達は欧化政策を進めたいんでしょうが)

 

そう考えると、私は日本式の建物で良かったなあと思います。

 

f:id:travelpudding:20170212063510j:plain

 

 

別に私は愛国心たっぷりなわけではなく、少ない海外経験で感じたことをありのまま述べただけです。

海外に出たらわかることもある。これも海外旅行の魅力に繋がるのではないでしょうか。