読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

来年のFFP戦略をどうするか

 

気が早いですが来年の話をします。

 

そもそも、タイトルのFFPとはfrequent flyer programの略です。

…要はどこの会社のお得意様になるかどうかですね。

f:id:travelpudding:20170314210724j:plain

今年はもう予約してるフライトで、確実にJGP(ワンワールド・エメラルド相当)に達成するので、あんまり慌てることも騒ぐこともありません。

最上級のJMBダイヤモンド会員を目指すか目指さないかで迷ってるぐらいです。

 

さて来年なんですが、、

そろそろワンワールドじゃないエアラインに乗りたいなあと。

 

そこで目をつけたのがデルタ航空スカイマイル

f:id:travelpudding:20170314210933j:plain

この航空会社は、他社の上級会員ステータスを持っていれば(スカイチーム各社を除きます)、ステータスマッチという形ですんなり上級会員になれる事で有名です。

 

※ステータスマッチとは、あえて自社の上級会員の資格を与え、多頻度乗客を自社に持ち込み、いわゆるユーザーの囲い込みを行う行為の事を指します。

 

特にANAJALの上級会員であれば、審査に落とされることもないでしょう。

 

私はこの記事で、「デルタのゴールドカードがあれば修行はいらない」と言いました。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

確かに、年会費26000円(税別)を払えば、カードを保有しているだけで、(実質)上級会員になれます。

だったらなぜ、わざわざデルタ航空で修行しようとするのか?

 

それは後ほど。

 

デルタ航空のステータスマッチは、既に所有している上級会員のステータスに応じて決まってくるのです(これは似たようなキャンペーンをしているアメリカン航空ユナイテッド航空も同じ)

f:id:travelpudding:20170314211047j:plain

例えば、ANAの「ブロンズ」会員、JALの「クリスタル」会員がステータスマッチすれば、デルタの「シルバー」会員に。

 

ANAの「プラチナ」会員、JALの「サファイア」会員は、ステータスマッチでデルタの「ゴールド」会員に。

 

ANAの「ダイヤモンド」会員、JALの「プラチナ・ダイヤモンド」会員は、デルタの「プラチナ」会員に。

 

それぞれこういう形でステータスマッチがなされます。

f:id:travelpudding:20170314213404j:plain

デルタのゴールドカード保有で貰えるステータスは「ゴールド」で、私が今年保有を目指しているJMBプラチナ・ダイヤモンドからのステータスマッチだと「プラチナ」になります。

 

「ゴールド」と「プラチナ」。この2つのステータスには大きな差が存在します。

 

それは「チョイスベネフィット」の有無。

 

ANAJALにもある、上級会員特典みたいなもんです。

 

実はここにデルタ修行をしようとする理由があります。

 

デルタの「ゴールド」会員だと、この「チョイスベネフィット」はもらえません。

しかし、「プラチナ」会員だと「チョイスベネフィット」として2万マイルももらえるんですよ。


※他にもいくつかあって、2万マイルはそのうちの1つ

この画像の1番右から「ダイヤモンド」「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」会員を指します

f:id:travelpudding:20170314213543j:plain

この差って結構大きくないですか?

 

デルタ航空は、「ニッポン500マイルボーナスキャンペーン」が有名ですが、ちまちまこのキャンペーンで貯めていても、特典航空券発券まで何年かかるか、わかったものではありません。

 

ニッポン500マイルボーナスキャンペーンの詳細はこちら

http://ja.delta.com/content/www/en_US/skymiles/earn-miles/earn-miles-with-partners/airlines/japan-500-bonus-miles-campaign.html

 

そんな時に2万マイルを一気にゲットする事が出来れば、特典航空券発券までかなり前進するのではないでしょうか。

 

なんとも魅力的な「チョイスベネフィット」ですが、残念ながらステータスマッチ期間中はもらえません。

 

18750MQMか25MQSを貯めて、晴れて正規(?)のステータスをゲットしてからもらえるのです。

f:id:travelpudding:20170314215653j:plain

MQM?MQS?これはなんぞや?と思うかもしれませんが、18750ポイントか25区間、と考えていただければしっくり来るのではないでしょうか。

 

デルタのMQMはかなり貯めやすい部類で、デルタ航空やグループ1の提携会社なら、ほぼどの会社のエコノミーに乗っても100%加算されます。

f:id:travelpudding:20170314215747j:plain

MQMは実距離マイルにパーセンテージをかけるので、ヨーロッパ往復でだいたい12000ぐらいたまります。

 

最近かなり高頻度でやっている「アリタリア航空」のセールを利用すれば、ヨーロッパ2往復で無事解脱です。

ヨーロッパ1往復が諸税込みで確か6万円もいかないので、12万円あれば余裕ですね。

 

なら意外と簡単…と思うかもしれませんが、このステータスマッチの有効期限は「90日」しかありません。短いですね。

 

こんな短期間にヨーロッパに2度行くのもなかなか酔狂ですよね。ええ否めません。

いっそ、デルタ航空でアメリカに行くのもありかなあと考えています。

 

いずれにしても、デルタの20000マイルリターンは十分魅力ですし、多分やる方向で考えています。

 

※ステータスマッチはキャンペーンです。来年以降も継続するかどうかはまだわかりません。

その他詳しくはこちらからどうぞ

http://ja.delta.com/content/www/en_US/skymiles/medallion-program/skymiles-medallion-status-match-challenge.html