読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

大学生に知ってほしいJALnaviカードの破壊力

 

私は、Twitterで「大学生はANAカードよりもJALnaviカードにしておけ」と言ってます。

 

その破壊力の片鱗をお見せしましょう。

f:id:travelpudding:20170410162525j:plain

これ全部、普通にフライトとショッピングだけで貯めたマイルです。

 

ポイントサイトとか一切経由せずに、です。

 

上級会員ボーナス(クリスタル会員で55%)が去年の9月から含まれていますので、それを考えるとなんとも言えませんが……

 

ちなみにこのマイル、何年で貯めたのか?

 

1年です。

 

何度でも言いますよ、1年で貯めました。

 

疑われるかもしれないので、去年の4月のマイル明細を載せておきます。初めはこんな感じだったんですよ。

f:id:travelpudding:20170410162551j:plain

それが1年で10万マイルです。

 

JALnaviカードがたくさんマイルを稼げる理由として、「ツアープレミアムが無料で加入可能」「JAL国際線1区間搭乗につき300マイル付加される」事が挙げられます。

 

「ツアープレミアム」は、貰えるマイル数を合計で100%にしてくれるサービスです。

 

例えば、マイル加算率が70%の運賃で旅行した場合、残りの30%分のマイルが「ツアープレミアム特典」として加算される仕組みになっています。

 

これを用いて、「ブッキングクラスS(50%加算)」の運賃を利用して羽田とロンドンを往復した場合、

 

片道で区間マイル→6214

ブッキングクラスによって獲得できるマイル数→6214×50%=3107

ツアープレミアムによって貰える特典マイル→5974×(100%-50%)=3107

 

これに10%ボーナス(311マイル)がついてくるので、合計6525マイルになります。

f:id:travelpudding:20170410162827j:plain

片道で約3500マイルお得になるので、往復で7000マイル弱になります。

この「7000マイル」の違いがどうなるのか、それは後で説明したいと思います。

 

※100%以上マイル加算する運賃に対しては、ツアープレミアムは効力を発揮しません。

 

※また、キャンペーン運賃でよく出てくる「ブッキングクラスN」など、ツアープレミアム対象外の運賃もあります。

 

JAL以外の航空会社を利用しても、このツアープレミアムは適用されません。

 

この特典、本来なら年間2160円かかりますが、JALnaviカードだとなんと無料で加入可能です。

JALカード ツアープレミアム(カードの機能) - JALカード

 

 

次に、「JAL国際線1区間搭乗につき300マイル付加される」事です。

 

これは小さいように見えて、意外と効いてきます。

特にヨーロッパ域内だと、JALの直行便が存在しない行き先も多いですよね?

 

そんな時、乗り継いだ先の便でも300マイル加算されるんです。

 

もちろん、乗り継ぎ地に向かう(あるいは直行便なら目的地)までの便でも、ちゃんと300マイル加算されます。

 

つまり、往復で1回ずつ乗り継いだ場合、合計1200マイルにもなるんです。意外と効いてきませんか??

 

※これが適用されるためには「JAL便名」である必要があります。

 

例えば、「羽田〜ロンドンをJAL、ロンドン〜リスボンをブリティッシュエアウェイズ」というパターンで往復利用した場合、300マイルが加算されるのは1便目と4便目のみです。

 

 

溜まったマイルは使えないと意味がないですよね?

 

ご安心ください。そこも抜かりがないです。

 

まず国内線。

4/1以降からルール変更があり、1区間あたり3000マイルで利用できるようになりました。

 

往復6000マイルは変更なし。

 

色々使えない区間(FDAとのコードシェアなど)や日付(GWやお盆、年末年始など)もあ りますが、使い勝手は抜群。

 

詳しくはこちらから。

国内線特典航空券 JALカード navi会員 減額マイルキャンペーン - JALマイレージバンク

 

国内線の特典航空券として、ブリティッシュエアウェイズ特典が有名ですが、東京ー沖縄や福岡ー千歳だと、片道7500マイルかかってしまいます。

 

それがJALなら片道3000マイルで利用できます。

 

そう、先述した7000マイルで国内線往復出来ちゃうんです。

 f:id:travelpudding:20170410163550j:plain

JALでは6000マイルでランダムに行き先を決めてもらい、その場所に行ける「どこかにマイル」というシステムがあるのですが…

 

JALnaviカードユーザーの場合は、そんな縛りはありませんから、さしずめ「どこへでもマイル」とでも言えるでしょう。

 

また、国際線にも特典があります。

国内線より利用するのが難しいですが、かなりお得です。

 

こちらの方が利用期間は限られてるので難しいかなと。

国際線特典航空券 JALカード navi会員 減額マイルキャンペーン - JALマイレージバンク

 

長々と語りましたが、いかがでしたか?

強いてデメリットを挙げるなら、「利用枠が10万円しかない」事ですが、サブカードを持てばこれも克服出来ますし、旅行代金だけこのカードで支払うという方法もありかもしれません。

 

デメリットを無視できるほどの有り余るメリットが存在し、私も享受しているんだよ。というお話でした。

 

 

追記:旅行しまくる人が10万マイル手に入れたという話です。ショッピング(日々のカード支払い)だけで10万マイル獲得しようとするなら、単純に1000万円必要になります。それは大学生には不可能でしょう。

 

修行ブログゆえに、「旅行しまくる大学生の方がレア」だという、基本的な部分を忘れていました。大変失礼しました。

 

しかし、ブッキングクラスS(50%)で東京ーシンガポールを1往復すれば、だいたい8000マイル手に入りますし、シンガポールなら大学4年間のうちに1回は行くのではないでしょうか。

 

すると国内線特典航空券1往復分ぐらいにはなるんですよね。

 

だからまあ、持っていて損はないのですが、じゃあ一般大学生が10万マイル手に入るかといえばそうではないんです。

 

ちなみに、マイル50%加算運賃でANAを使っても、4000マイルほどにしかなりませんし、ANAの4000マイルなんて、ほぼゴミ同然です。

 

学生カードという面で考えれば、JALが圧勝な事実に揺るぎはありません。