修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

ゼミ合宿でシンガポールへ~スクート説明編~

前回、LCCという強力な敵が現れたことで、一気に現実味を増したLCC利用でのシンガポール行き。

 

あれからどうなったのか。

  

travelpudding.hatenadiary.jp

 

結局「スクート」になりました。

 

レガシーの半分強の値段で行けるとあれば、さすがに勝ち目はありません。

 

私はあんまり全然乗り気じゃないです。

 

 

そもそもスクートってなんぞや?と思う人がいるかもしれませんので、軽く説明しておきますね。

 

スクートはシンガポールに拠点を置く格安航空会社です。最近ではアテネにも新規就航したことでニュースになりましたね。

 

機材はすべてB787で統一されていて、いわゆる「ハズレ機材」というものがありません。

※「多少古いor揺れる」といったことはあるかもしれませんが、日本ー台北線の中でも成田発着便だけ露骨にナローボディ機材をぶちこみ、ビジネスクラスを自称する某社のようなことは起きない、という意味です。

 f:id:travelpudding:20170701121623j:plain

ちなみに標準座席のシートピッチは78cm。数字で見るならフィンランド航空と同じです。

これ、意外とLCCの中ではワイドな部類で、他社はだいたいが70cmらしいので、ある程度ゆとりが確保されるのはうれしいところ。

 

特徴は黄色。サイトも黄色が主体で構成されています。

 f:id:travelpudding:20170701121713j:plain

また、スクートはシンガポールが本拠地なので、当然シンガポールまで行きますが、直行便ではなく経由便で結んでいるのが特徴です。

 

日本には、「成田」「関西」「札幌(千歳)」の3空港に就航しています。

 

それぞれスケジュールは…

TZ291便 成田10:00発→バンコク(ドンムアン)13:50着

バンコク(ドンムアン)15:50発→シンガポール19:15着

TZ292便 シンガポール22:20発→バンコク(ドンムアン)23:45着

バンコク(ドンムアン)(翌)0:45発→成田8:50着

 

TZ201便 成田12:15発→台北(桃園)14:45着/15:45発→シンガポール20:35着

TZ202便 シンガポール0:45発→台北(桃園)5:40着/6:40発→成田10:55着

 

TZ287便 関西16:30発→高雄18:40着/19:50発→シンガポール(翌)0:05着

TZ288便 シンガポール6:00発→高雄10:20着/11:30発→関西15:30着

 

TZ215便 札幌20:10発→台北(桃園)23:10着/(翌)0:10発→シンガポール4:55着

TZ216便 シンガポール6:15(土曜日は5:55)発→台北(桃園)11:00着/12:00発→札幌16:55着

 

※(翌)=翌日を表す

 f:id:travelpudding:20170701121835j:plain

ざっくり説明するとこんな感じ。

※運賃形態は他のLCCと同じようなモデルなので省略します。

 

そんなスクートでもあまり乗り気になれない理由がいくつかあるので、次回もう少し説明したいと思います。

 

travelpudding.hatenadiary.jp