修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

タイに入国、そしてバンコク中心地へ

バンコクスワンナプーム国際空港に到着した所からの続きです。

f:id:travelpudding:20170713173359j:plain

私はタイに訪れたことがなく、これが初めてだったのですが、1番不安だったのが「入国するのに何分かかるか」ということでした。

 

 

ネットでは、「入国に1時間かかった」「今回は15分で抜けられた」「30分で終わったのは早い方」と、どれを信じればいいのかわからない状態でした。

 

果たしてどうだったのか。

 

私の場合は30分前後で入国できました。正直、仁川よりマシです。

f:id:travelpudding:20170713173429j:plain

入国した後は、空港アクセス鉄道(ARL)でバンコク中心地へと向かいます。

f:id:travelpudding:20170713174158j:plain

とりあえずエスカレーターで地下へ。

f:id:travelpudding:20170713174140j:plain

エスカレーターを降りてすぐの所に、両替所とコンビニがあるので、両替を済ませ飲み物を購入。

 

 

なんだか見覚えある飲み物を見つけてしまいました。

f:id:travelpudding:20170713173451j:plain

 

f:id:travelpudding:20170713174100j:plain

ちなみに味は本家の2倍ぐらい甘かったです。

 

 

続いて券売機へ。

f:id:travelpudding:20170713173512j:plain

かつては急行列車が走っていたみたいですが、かなり前に運休になったそう。

 

大人しく各駅停車用のきっぷを買います。

 

看板を見ても、なんて書いてあるかさっぱり読めません。

f:id:travelpudding:20170713173713j:plain

※英語が出来るとは言っていない

f:id:travelpudding:20170713173547j:plain

 

f:id:travelpudding:20170713173630j:plain

あのね?頼むから「ほんやくコンニャク」を出してくださいませんか?

 

そうこうしているうちに、列車が到着しました。

 

写真はありませんが、いたって普通の列車でした。

 

列車は高架の路線を走り続けることになります。眼下には大量の車が走っていて、その車の多さから、中国(左側通行ver.)のような感想を抱きます。

 

すっごい不思議なんですけど、なんでタイって左側通行なんでしょうか?

f:id:travelpudding:20170713174239j:plain

タイは、どこの国の植民地にもなっていないのに、周りの国(ベトナムラオスなど)とは違って、左側通行な理由がイマイチよくわかりません……

 

まあ日本人からすれば、同じ左側通行で楽なんですけどね。

 

 

地下鉄と乗り換えられるマッカサン駅までは、スワンナプーム駅から20分ぐらいで到着します。これでも「ドンムアン空港」より遠いと言われるバンコクの空港事情。日本人からすれば羨ましい限り。

 

乗り換えといっても、一旦改札を出て地上を歩き、さらに地下に入って再び改札に入るので、5〜10分ぐらいはかかります。

f:id:travelpudding:20170713173958j:plain

※そもそもARLの駅名が「マッカサン」なのに対し、地下鉄の駅名は「ベッチャブリ」です。

 

乗り換えに関しては、完全に浜松町や品川に軍配が上がるでしょう。

 

 

ホテルの最寄駅は、ベッチャブリ駅の1つ隣の「スクンビット」駅だったので、ここで下車。

 

近くのホテルでチェックインして荷物を預け、再び街へと繰り出しました。

 

travelpudding.hatenadiary.jp