修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

山陽本線降りつぶし旅 三ノ宮〜岡山

三宮にバスで着いた所からの続きです。

 

JR三ノ宮駅まで5分歩き、青春18きっぷの1回目のスタンプを押してもらいます。

 

そもそも今回の旅行で、夜行バスを選択したのはなぜか?

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

 

ちなみに、私が夜行バスを利用したのは7月31日です。

 

そう、「ムーンライトながら」が運転されているんです。

これを利用すれば、青春18きっぷの1日目分を三ノ宮からではなく小田原から利用出来るのです。

 

そんな「ムーンライトながら」を使わず、夜行バスを使った理由、それは「姫路9:11発の播州赤穂行きに間に合わないから」です。

 

土休日ダイヤなら、ムーンライトながらを利用しても播州赤穂行きに間に合う(というより米原6時29分発の新快速が播州赤穂行きで、姫路9時11分発のダイヤが組まれている)のですが、7月31日も8月1日も平日。

 

岡山方面に向かう場合、姫路で無駄に1時間ほど待たされるんです。

 

だったら、「夜行バスで5時20分に三宮に着いたあと、山陽本線の降りつぶしをこなしつつ西に向かって行けばいいんじゃないか?」

 

という、普通の人からすればよくわからない動機で夜行バスを選択しています。

 

※参考までに、「ムーンライトながら」を利用して、大垣から順当に乗り継いだとして、三ノ宮到着は8:29(土休日は8:22)です。

 

バスが定刻で走ってくれたおかげで、始発の5時36分発の西明石行きに間に合うことが出来ました。

 f:id:travelpudding:20170812174021j:plain

f:id:travelpudding:20170812174057j:plain

この時間は、まだ快速も新快速も走っていないので、この電車が西明石まで最速で到着します。

 

既に日も昇っていましたが、ロングシート車では景観を見るのに不向きで、おとなしく電車に揺られ続けます。

 

三ノ宮から32分で西明石に到着。階段を上り下りして、6時21分発の姫路行きに乗り込みます。車両は223系と221系の混結でした。

関西圏の東海道線であれば、ほぼ当たり前に見られる編成です。

 

最初の下車駅は大久保。

 f:id:travelpudding:20170812174151j:plain

※私の「降りつぶし」のルールでは、駅名標か駅舎のどちらかを撮影すればOKなので、いったん改札から出るのがめんどくさい場合、駅構内で滞在する場合も多いです。

 

全国に4つある大久保駅ですが、東京と京都の「大久保」は行ったことがあるので、これで残すは秋田の「大久保」だけになりました。

 

魚住、

 f:id:travelpudding:20170812174222j:plain

土山、

 f:id:travelpudding:20170812174244j:plain

加古川と順調に降りつつ西へ。

 f:id:travelpudding:20170812174305j:plain

この時間帯は7〜10分に1本の間隔で電車が来るので、降りつぶしもやりやすいです。

 

しかもこの間、昼間は運行されない207系321系が運行されるのも特徴。

 f:id:travelpudding:20170812174721j:plain

f:id:travelpudding:20170812174741j:plain

加古川7時7分発の姫路行きで一旦離脱。

 

この時間帯の下り列車にもかかわらず、結構な人数が乗っています。

結局次の降車駅、東姫路まで座れませんでした。

 

東姫路は去年の3月に出来た比較新しい駅で、未訪だったのもあり、降りることにしました。

 f:id:travelpudding:20170812174825j:plain

 

f:id:travelpudding:20170812174913j:plain

駅前広場にはロータリーとショッピングモールがポツンとあるだけでした。

結局改札からは出ず。

 

この付近は山陽新幹線山陽本線(JR神戸線)が並走しており、山陽新幹線の高架線を500系が通過していく様子も見られました。

 f:id:travelpudding:20170812174941j:plain

東姫路7時45分発の播州赤穂行きに乗り込みます。

 

東姫路発車時点で立ち客であふれる状態でしたが、姫路で大勢の人が降りたのでここで着席出来ました。

姫路でえきそばも考えましたが、5分停車ではそれも叶わず。

 f:id:travelpudding:20170812175001j:plain

次の下車駅は竜野です。

 f:id:travelpudding:20170812175115j:plain

未訪だったのに加え、10分後の岡山行きに乗り換える意図もあったため下車。駅スタンプも押させていただきました。

 f:id:travelpudding:20170812175143j:plain

※一見降りやすそうな駅でも、こうした理由で未訪の駅は全国にごろごろ残っています。

 

10分後にやってきた岡山行きはまた満員で座れず。

相生で減るかと思いきや、座席は空きません。

 

その車中、小さな女の子と男の子2人の合計3人で、背丈に合わないほどの大きなスーツケースを持って移動しているのを見かけました。

 

こうした光景が見られるのも夏のこの時期ならでは。

 

結局彼女たちは上郡で降りたので、20歳の単独旅行者が代わって着席。

 

疲れていたのでうとうとしてしまい、気づけば列車は和気に到着。

急いで降りて駅名標を撮影します。

 f:id:travelpudding:20170812175214j:plain

f:id:travelpudding:20170812175248j:plain

今度は9時7分発の吉永行きに乗って、1駅戻って終点吉永へ。

 f:id:travelpudding:20170812175316j:plain

f:id:travelpudding:20170812175656j:plain

時間があったので外に行ってみましたが、特に何かがあるわけではありませんでした。

 f:id:travelpudding:20170812175339j:plain

コンビニも近くにあるのですが、出発時間までに間に合わないと確信したので、結局駅に戻ってきます。

 f:id:travelpudding:20170812175435j:plain

次に乗る列車は、吉永始発の岡山行き。

そう、さっき乗った吉永行きの折り返し列車です。

 

折り返す前に何本か貨物列車を先に通し、9時36分に出発。

 f:id:travelpudding:20170812175409j:plain

吉永を訪問した時点で、山陽本線(神戸~岡山)の未訪駅は「有年」「三石」「万富」「熊山」の4駅になりました。

f:id:travelpudding:20170812175515j:plain 

吉永から37分で岡山に到着。

f:id:travelpudding:20170812175537j:plain

向かい側の新見行きには乗らずに、一旦改札を出て食料調達をしました。