読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

エアコーチとダブリン市内観光

 

無事、ダブリン空港に着いたところからの続きです。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

前回の記事でも触れたように、アイルランドでは入国審査が控えています。

 

入国審査の列に並ぶと、数人前の中東系の男性がかなり手間取っているのが見えてしまいました。

 

「イギリスやアメリカのように、かなり長丁場になるかもしれない」と覚悟しましたが、意外とスムーズに流れ出しました。

結果的には10分ほどで入国出来ました。

 

 

無事入国出来たことですし、市街地にあるホテルへと向かうことにしました。

 

ちなみにダブリンには、空港アクセス鉄道というものが存在しません。バスやタクシーなどを利用する必要があります。

 

バスにも色々種類がありますが、今回は「エアコーチ」を使いました。

f:id:travelpudding:20170522140346j:plain

往復12ユーロという料金は、他の手段に比べると若干高いですが、その分お客さんは少なく、4列シートでも十分なレベルです。

しかも、無料でWi-Fiが使えて電源用コンセントも備えていて、かなり便利ですよ。

f:id:travelpudding:20170522140410j:plain

ルフトハンザはダブリン空港の第2ターミナルに到着します。ダブリン空港→市内行きは第2ターミナル、第1ターミナルの順に停車します。空港行きは順番が逆です。

始発から慌てることなく座れる事が出来たのはうれしかったですね。

 

第2ターミナルを出発してから約30分で、中心地の「オコンネルストリート」バス停に到着し、ここで下車。

f:id:travelpudding:20170522141030j:plain

近くのホテルでチェックインし、翌日に備えます。

 

 

ダブリンの観光地は、基本的な所は徒歩で行けてしまう距離らしいので、全て歩きで行きました。

 

リフィー川からの景色や

f:id:travelpudding:20170522140431j:plain

St.audoen's park

f:id:travelpudding:20170522140457j:plain

 

f:id:travelpudding:20170522140518j:plain

クライストチャーチ大聖堂

f:id:travelpudding:20170522140536j:plain

ダブリン城や

f:id:travelpudding:20170522140555j:plain

トリニティカレッジなどなど

f:id:travelpudding:20170522140619j:plain

 

f:id:travelpudding:20170522140646j:plain

これら全部歩いて回ることが出来ます。

 

ダブリンもルーティングの都合上、1日しかいられませんでしたが、十分に楽しめました。

f:id:travelpudding:20170522141053j:plain

ルフトハンザ980便 フランクフルト~ダブリン

フランクフルトで飛行機見学ツアーという目的を達成し、もはや満足しきった(というより時間がなかった)ので、さっさと保安検査を通過します。
travelpudding.hatenadiary.jp

次の目的地はアイルランドの首都、ダブリン。



アイルランドはEU加盟国てすが、シェンゲン協定が適用されません。


よって、ここでドイツの出国審査をすることになります。
f:id:travelpudding:20170515112210j:plain


3日前にスペインに入国し、アムステルダム発フランクフルト経由ダブリン行きのチケットを持った日本人なんて、怪しさ満点なのにも関わらず、何も言われませんでした。



あっさりスタンプを押してもらい、無事出国です。
※入国審査もないので全く実感がわきませんが、到着ロビーにやって来た時点でドイツに入国したことになります。


ただ、荷物がなぜか引っかかり、係員の指示に従ってほぼ全ての荷物を出さざるを得ませんでした。


そんなやましいものを持っていませんし、結局何も没収されませんでした。
時々これが起こるんです。はっきり言ってめんどくさい。





飛行機ツアーを見ずに、さっさとドイツを出国していた私の友人と、マクドナルドで無事合流。

友人は出国審査で、「お前はフィンランドに入国して、なぜアムステルダム発のチケットを持ってるんだ?それに、なんでこれからアイルランドに行くのにドイツに入国したの?ねえ?」と、かなり質問攻めにあった模様。


※私の友人はヘルシンキ乗り継ぎでアムステルダムに来た後、フランクフルト経由ダブリン行きの旅程をこなしています。地図を見てもらえばわかりますが、なかなか変態な動き方をしています。係員はまともな人間だと思います。




マクドナルドでかなり遅めの昼食をとり、食べ終えたらベンチで携帯ポチポチしながら、ボーディングの時間を待ちます。

こんな時、ラウンジが使えたら楽なんでしょうが、あいにくスターアライアンスさんの上級会員資格は持っていません。大人しく待ちます。


ようやく優先搭乗を開始したのが、出発の10分前という、ルフトハンザによる分かりやすい「ディレイしますよ宣言」がなされました。

それでも意外とすんなり搭乗が終わり、さっさとドアクローズ。搭乗率は8割ほどでしたが、ラッキーなことに隣は空いていました。またもやビジネスクラスの誕生です。
f:id:travelpudding:20170515110514j:plain
セーフティーデモは安心安全の実演タイプ。

ルフトハンザの本拠地だからか、離陸までの時間もかなりスムーズ。

フランクフルトを後にします。
f:id:travelpudding:20170515110559j:plain
ダブリンまでの飛行時間は約2時間と、意外と長め(ちなみにドイツとアイルランドの時差は1時間あります)

機内食のサンドイッチの他にもドリンクサービスがなされます。私はオレンジジュースをチョイス。
f:id:travelpudding:20170515110533j:plain
機内食を食べたあとは、ゆっくりとした時間が流れ始めます。

出発してから1時間半ほどで、緑豊かなアイルランドの景色が広がります。相変わらず天気が悪い。
f:id:travelpudding:20170515110625j:plain
出発は遅れたものの、結果的には定刻より5分ほど早く到着しました。





やはりレガシーキャリアなだけあって、結構快適でしたが、ヨーロッパ域内のみの利用でなおかつ最安運賃だと、スターアライアンスの上級会員でも手荷物料金がかかるのがネックです。


それを考えるとルフトハンザの使いどころは限られそうですが、機会があればまた利用したいと思います。

ダブリン市内を観光してみたお話に続きます。
travelpudding.hatenadiary.jp

アリタリア航空が経営破たんしたのを受けての所感 続編

 
アリタリア航空が事実上の経営破たんをしてから、約1週間経ちました。
 
今のところ、特にアリタリア側からアナウンスはなされていませんが、こんなニュースが飛び込んできました。
 
「イタリアにはフラッグキャリアなんていらない」
という意見からも伺えるように、税金で支援してもダメなら、これ以上やっても税金の無駄使いではないのか?という意見が出ているようです。
 
アリタリアを買収しようとする他の航空会社がいない」と言うのも驚きですが、無理もありません。
 
というのも、アリタリア航空は、ルフトハンザやブリティッシュエアウェイズなどの、他の強大なヨーロッパの航空会社に比べて、国際線の就航都市が結構少ないんです。
 
さらに、ヨーロッパ域内ではLCCの台頭によって、実に7割の路線で他社との競合区間になっている、という話もあるそうです。

f:id:travelpudding:20170511214803j:plain

 

前回の記事で、「日本とイタリアを結ぶ直行便が消えるのは困る」と言いましたが、アリタリアが消えてしまったとして、アジアで困るのは実は日本ぐらいだったんです。
 
アリタリア航空は、東アジアの中で「成田」「北京」「ソウル」に就航しています。
 f:id:travelpudding:20170511214146g:plain
それ以外のアジアは、全て西アジアにしか就航していません。
 
意外なことに「シンガポール」「バンコク」「香港」などの、東南アジアの有数都市には就航していないんです。
 
また、成田線以外は全てどこかしらの航空会社が競合しています。
 
ミラノ〜ソウル線に至っては、アリタリアが運行していないのに、韓国のあの2社が運行している、というような有様です。
 
西アジアに関して言えば、イタリアからおおむね3時間以内に着いてしまう距離なので、機材もA320などの小型機がメインです。
 f:id:travelpudding:20170511214855j:plain
また、そこまで高頻度運行でもないので、収益を上げられているかと言われれば、いくらか疑問が残ります。
 
アフリカ方面は、アリタリアがある程度独占出来ている都市が多いですが、やはり小型機がメインです。
 
一方、大西洋方面はどうか。
まずニューヨーク線に関しては、他社が競合しまくっていて、アリタリアはその中の1つ…というような位置づけです。一応ロサンゼルスにも飛ばしているみたいです。
 
独占しているのはボストン線とマイアミ線ぐらいでしょうか。意外にもシカゴには就航していません。
 
南米方面になると、ある程度機材も大きくなり、独占している路線も多くなります。
ただし、毎日運行ではない路線もちらほらいるあたり、稼ぎ頭になる路線は限られていると察します。
 f:id:travelpudding:20170511215105j:plain
調べていて思ったのは、「この航空会社、あれば便利だけど、なくなったとしてそこまで劇的に困るわけでもない」という事実です。
 
もちろん企業の競争原理を働かせるには、1社より2社運行した方がいいに決まっています。
また、イタリア国民に都合のいい路線網を展開出来るのも「フラッグキャリアがあってこそ」だと思います。
 
※例えば、他国の航空会社がイタリア線で採算が取れないと判断した場合、何の躊躇もなくさっさと廃止するでしょう。
こればっかりは、いくらイタリア国民が文句を言っても「需要減少」の一言で済まされてしまいます。
 
 
ただ、いくらメリットがあるにしても、2度潰れた企業をまだ助けるのか?
 
また、たくさんキャリアの選択肢があるヨーロッパ域内で、そこまで優位に立てるような条件が見つかるのか?という意見が出るのも仕方ないでしょう。

f:id:travelpudding:20170511223256j:plain

そんな中でも、旅行する側としては「日本の航空会社が破綻したわけじゃないし、全然影響ないでしょ」と言わずに、こうした動きをしっかりと見届ける必要があると思いますよ。
 
前まで直行便があったのに、今となっては…というパターンは結構ありますしね(ターキッシュエアラインズの関空撤退とかが記憶に新しいでしょうか)
 
 
なんとも締まらないまとめ方ですが、アリタリア航空からの声明が出ない限り、なんとも言えませんし、これにてご勘弁ください。
 
※私自身が、アリタリア航空関連の写真を1枚も保有していないため、全て他社の画像を流用しております。申し訳ございません。
 
※また2017年5月11日現在、アリタリア航空は変わらずに運航を続けております。

都会の中のローカル線 京急大師線に乗ってみた

実は私、飛行機だけではなく、鉄道や車も好きだったりします。
最近では飛行機で飛びまくっていますが、2年前までは鉄道で日本各地を動き回っていました。


乗りつぶし(日本全国の鉄道に乗車すること)や、降りつぶし(日本全国の駅を利用すること)なんかもやっていたりします。

久しぶりに降りつぶしをしようと決意し、目をつけたのが京急大師線です。
f:id:travelpudding:20170508173920j:plain
京急大師線は、京急川崎駅小島新田駅を結ぶ、全長4.5kmの短い路線です。「たいしせん」ではありません。「だいしせん」です。

今回は横浜で用事があったので、この路線に乗ることにしました。

まずは品川から京急快特に乗りこみます。
先日、乗車位置の変更があったらしく、どんなものかと見てみましたが、「思いの外難しくなかった」というのが正直な感想。

羽田空港に向かう人は思考停止で青いラインに並べばいいですしね。
www.keikyu.co.jp

私は、緑のラインで快特京急久里浜行きを待ちます。

やって来た車両は2100系。
※撮影したのは品川駅ではなく京急川崎駅です。
f:id:travelpudding:20170508173609j:plain
関東では珍しい転換クロスシートを堪能します。

ただ、そこは俊足の京急
京急川崎まではわずか10分で到達してしまいます。

ここで乗り換えです。

階段を降りれば、すぐ大師線のホームにたどり着きます。
f:id:travelpudding:20170508173654j:plain

普通列車しかないので、案内表示もこんな感じです。
f:id:travelpudding:20170508173712j:plain
基本は10分に1本の運転ですが、ラッシュ時は5分に1本の運転になります。

車内は時間帯のせいか、意外と人が多く、ちらほら高校生もいました。

今回は終点の小島新田駅ではなく、1駅手前の産業道路駅で引き返しました。
f:id:travelpudding:20170508173740j:plain
産業道路駅を降りても、本当に産業道路しかなかったので、さっさと次の電車に乗り込みました。

全ての駅に降り立って駅名標を撮って、これにて今回のミッションは達成です。

乗りつぶしや降りつぶしは、飛行機修行とは違い時間制限もないので、これかもまったりやっていこうかなと思っています。

CAさんを盗撮するな、犯罪だぞ

一時期Twitterで、CAさんの足を盗撮する人がわらわら溢れていたのを、みなさん覚えているでしょうか?


私にしてみれば、全くもって理解不能な行動、というか気持ち悪さすら感じるレベルですが、始めた人は一体誰なんでしょうか??

そういう写真をあげるたびに、
「ベストショット!」
「距離がすごい近いですね!」
という返信が来ているのも不思議です。


いやいや、それ犯罪ですから。

f:id:travelpudding:20170506083148j:plain

そもそも、普通の人間はそんなことを街中でやりますか?やりませんよね?


JKの足を写真で撮って、Twitterにあげて
「ナイスショット!」
って言う人いませんよね?


じゃあCAさんだから許される、かというとそんなわけないですよね?


中には「私は許可を得てるからいいんだ」っていう人もいます。
そりゃあ許可を得ないよりはマシですよ。

それでも、「常識的に考えて」撮らないでしょう。

CAさんはアイドルではありません。ましてや機内は撮影会の会場でもありません。


いい年して、そんな簡単な事もわからないのでしょうか。


お願いですから、そんな見苦しい真似はやめてください。

JMBサファイアでもキャセイの特典航空券で座席指定出来る話


割とタイトルそのまんまです。私の備忘録としてまとめておきます。


知っている人がいたらごめんなさい。


今度、ブリティッシュエアウェイズ(以下BAと省略します)のマイルを利用して、キャセイパシフィック航空(こちらはキャセイと省略します)に乗って、香港に行こうと思っています。

f:id:travelpudding:20170503203924j:plain

※BAマイルの発券方法?そんなの知らねえ!

という人は、この記事を見ても無駄です。


キャセイパシフィックの座席指定のルールとして、一般客は搭乗便の出発時刻の「48時間前」から、座席指定が可能となっています。


私は搭乗するキャセイの上級会員ではありませんし、チケットを発券したBAの上級会員でもありません。


つまりこのままだと、座席指定出来ないまま、搭乗48時間前になって「48時間前になりました!さあよーいどん」という事になります。


それは困ります。


しかし、どうやらJALの上級会員、さらに言うならワンワールドの他社上級会員でも座席指定が出来るみたいなんです。


流れを追って説明します。  


まず、BAマイルを使用して予約を終えます。

この時予約番号というものが必ず出てきます。

f:id:travelpudding:20170503202313j:plain

こんな感じです。


ここのアルファベットをよく覚えておいてください。


そして、キャセイのホームページを開きます。

f:id:travelpudding:20170503203127j:plain

チェックインという項目を開いてください。

※パソコン画面だと「予約の確認」という所です。

f:id:travelpudding:20170503203139j:plain

ここで先ほどの予約番号を入力して、姓名も入力してください。


すると、予約がきちんと反映されていることがわかります。

f:id:travelpudding:20170503203155j:plain

ここで「フリークエント・フライヤー」をクリックし、真ん中の編集を押します。

f:id:travelpudding:20170503203321j:plain

すると、航空会社が選べます。ここでJALを選択し、お得意様番号を入力します。

f:id:travelpudding:20170503203410j:plain

今度は「座席指定・その他」を選択。


ここで緑色のボタン(確か「編集」だったはずです、私はは既に座席を指定し終えているので「更新」と表示されます)をクリックすると、座席指定出来るようになります。

f:id:travelpudding:20170503203819j:plain

f:id:travelpudding:20170503203841j:plain

指定し終えたら更新して、これにて終了です。


いかがでしたか?

結構簡単にフリークエントフライヤープログラムを付け替えられるのは、正直ありがたいです。


このリクエストが無事通るのか(多分通ると思いますが)、それは追って記事にしたいと思います。


アリタリア航空が経営破たんしたのを受けての所感

普段、最新ニュースを話題にすることは少ないのですが、今回はちょっと個人的な理由で取り上げます。

 

そのニュースとは、「アリタリア航空」の経営破たんです。

 

破たんとは言いますが、「今すぐ全便ストップ!」「運行休止!」というわけではなく、JALのように政府が面倒を見ながら経営再建の道を模索していく形となります。

 

※もしチケットをすでに購入していたとしても、今のところ慌てることはないと思います。明日から手元のチケットが紙くずになるわけではないです。

 

この点では、去年11月に突然全便運航休止した「トランスアジア航空」とは違います。

 

ただし、再建が軌道に乗らなければそのまま運航休止する可能性もあるとのこと。

www.traicy.com

 

うーん。

前々から「アリタリアは経営状況がよろしくない」と言われていましたが、こうなりましたか。

アリタリア航空は、2008年にも会社更生手続きを行っており、その後エティハド航空が出資するようにもなりましたが、経営難の状況は改善されませんでした。

 

そして先日、資金確保のためにリストラ案に従業員が反対した結果、どうにもいかなくなって…

という事なんでしょうね。

 

3月ごろに、GWも夏休みもまだなのに、なぜか半年以上先のセールをしていたりしたので、相当追い込まれていたと察します。

これ、てるみくらぶの状況と酷似していると思いませんか?

目先の現金が欲しいという点で、です。

 

まあ、アリタリア航空てるみくらぶとは違い、運航継続するんですが。

 

 

ではなぜ、ワンワールドユーザーがこんな話をするのかというと、これに関わってくるからですね。

 

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

アリタリア航空は「上級会員用ステータスマイルが安く手に入る」、要は単価がいいことで目をつけていただけに、このニュースは(現段階では問題がないにしても)心配ですね。

 

そうでなくてもイタリア直行便がなくなるのは、日本にとっても大きな影響を及ぼすはずです。

※現在、成田ーミラノ 成田ーローマで各往復1便、毎日運航しています。

 

追記:もう1度アリタリア航空について考えてみました 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

 

この再建が、アリタリア航空にとって、「日の出」前になればいいんですが…どうなることやら…

f:id:travelpudding:20170503011301j:plain