修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

成田空港 JALサクララウンジ(サテライト側)

成田空港にはサクララウンジが2つあり、本館側とサテライト側にあります。

 

今回はサテライト側のサクララウンジを利用しましたので、その様子をまとめてみます。

 

場所は91番ゲートの向かい側です。

 f:id:travelpudding:20170628212109j:plain

ファーストクラスラウンジとサクララウンジは同じ入口から入室することになります。

 

さっそく中へ。

 

ファーストクラスラウンジは入口と同じフロア、サクララウンジは1つ下のフロアにあるので、サクララウンジ利用者は、階段やエレベーターを利用して下の階へ行きます。

 f:id:travelpudding:20170628212204j:plain

ラウンジの中はかなり明るく、開放感抜群。窓側に向けて独立した座席も用意されています。

 f:id:travelpudding:20170628212240j:plain

f:id:travelpudding:20170628212331j:plain

f:id:travelpudding:20170628212425j:plain


窓の外から飛行機も見えます。JAL機ばっかりですけど。

 f:id:travelpudding:20170628212505j:plain

フードもそれなりに充実していますね。ドリンクもアルコールがちゃんとありますし、当然ご自慢のカレーもありますよ。

f:id:travelpudding:20170628212553j:plain 

f:id:travelpudding:20170628212620j:plain

f:id:travelpudding:20170628212712j:plain

椅子の数が結構多めなので、このラウンジが満席になるような事態はそうそう起こらないと思います。人も少なめですし。

 f:id:travelpudding:20170628212744j:plain

人が少ない分落ち着くことが出来ますし、サテライト側から搭乗するのであれば、こちらのラウンジでも十分ではないでしょうか。

 

11時前になると、優先搭乗が開始される便がちらほら現れるからか、一気に人が消えます。

 

※営業時間は7:30~19:30となっています。

 

私も搭乗時刻が近づいてきたので、ラウンジを後にして搭乗口へと向かいました。

 

2017年度JMBサファイア 到達報告

先日、2017年度のJMBサファイアを達成しました。


今年はダイヤモンドまで突っ走る予定なので、いわば中間報告です。

f:id:travelpudding:20170627172140j:plain

旅程や単価については、まだ詳細な記事にしていないのと、旅程の半分しかこなしていないチケットなどが存在し、正確に値段を割り出すのがかったるいのもあるので、ここではザックリとした計算で出させていただきます。


単純に飛行機代だけで割り出すと、約17万円ぐらいなので、クレカ分の5000FOPを除いて単価にすると、だいたい3.7円ほどになります。

※ちなみに全部で22レグなので、回数修行の半分以下ですね。


当初の想定より高めですが合格点です。


理由としては、「KUL発券の国内線4区間」というチートが使えなくなったからです。これでかなりキャッシュアウトが大きくなってしまいますが、まあ仕方ないです。

f:id:travelpudding:20170627172217j:plain

今年は、これまで「アメリカン航空」「イベリア航空」「フィンランド航空」「日本航空」「マレーシア航空」に搭乗しており、単純に東京ー沖縄を行ったり来たりしてファーストクラスでドヤァするよりも、よほど楽しめるのではないかなと。

マイルも多くたまりますし、なおかつ単価も下げられるので一石二鳥です。


※ちなみに今年はもう沖縄に行く予定がないです。


今年はJMBダイヤモンドを取る予定ですが、来年は多分サファイアまでにすると思います。まだ決めてませんけどね。


残りのフライトも楽しみつつ、随時記事を仕上げていきたいと思いますので、これからも温かい目で見守っていただければ幸いです。

JAL524便  新千歳〜羽田

北半球エコノミー1周旅行、最後を飾るのはJAL524便羽田行きです。

f:id:travelpudding:20170626111749j:plain

このフライトからの続きです。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

この便、今はなきクラスJ10区間アップグレード券を利用して、事前にアップグレード申請をしています。

 

座席はなんと1番前。

前は壁になっているので広々と使えます。

f:id:travelpudding:20170626111809j:plain

定刻からやや遅れてプッシュバック。

 

雪がだんだん強くなって横殴りになるレベルにまでになりましたが、19:20過ぎには離陸。

 

したところまでは覚えているんですが…

 

どうやら飛行機が離陸して2〜3分で爆睡してしまったようで、ドリンクサービスすら受けなかったようです。

 

目を覚ますと、ベルト着用サインが点灯していました。離陸時ではなく着陸時のサインです。

f:id:travelpudding:20170626111839j:plain

東京湾の上空から千葉県の海沿いの景色を眺めます。

 

出発は遅れましたが、ほぼ定刻に羽田空港に着陸しました。

f:id:travelpudding:20170626111926j:plain

この後はモノレールに乗って1時間40分ほどかけて自宅に帰ります。

 

「というか待った!出発地が成田で、到着地が羽田じゃないか!どうなってるんだ!!」

という意見が出るかもしれませんが…

 

形式上羽田と成田は同じ空港扱いですし、なんにせよ自宅に帰れば一周したことになるので、そこらへんは見逃していただければ幸いです。

 

これにて北半球エコノミー1周旅行は完結です!長らくお付き合いいただきありがとうございました!

新千歳空港 JALサクララウンジ

乗り継ぎで訪れた新千歳空港のお話。

 

多少時間があったので、いったん制限エリアから出てラーメンを食べて、クラスJへアップグレード申請したのち、保安検査を済ませて再び制限エリアへ。

 

そしてまたサクララウンジへ。

 

場所は3階にあるので、羽田空港の構造と同じですね。

 

受付の前にこのようなアート作品が現れます。

 f:id:travelpudding:20170625101002j:plain

新千歳空港には、2016年6月のリニューアルで「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」が誕生していますが、サファイア会員には入室資格がないので、今回はおとなしくサクララウンジへ。

 

意外と利用客がいませんでした。

 f:id:travelpudding:20170625101050j:plain

ラウンジから飛行機も見えますが、時間的に暗すぎるので写真撮影は断念。

 f:id:travelpudding:20170625101146j:plain

※個人的には、ラウンジから飛行機が見えるだけで、伊丹や那覇よりも評価は上です。

 

搭乗時間も近いことですし、とりあえずジンジャエールをもらって、あっさり退散しました。

f:id:travelpudding:20170625101111j:plain 

 

JAL2009便 伊丹~新千歳

北半球エコノミー1周旅行はもうちょっとだけ続きます。

 

ラスト2本目はJAL2009便、札幌新千歳行きです。

 f:id:travelpudding:20170624101617j:plain

機材はB737-800。

 f:id:travelpudding:20170624101641j:plain

今回も優先搭乗の権利を行使し、先に機内へ。

 f:id:travelpudding:20170624101659j:plain

隣席ブロックがなされているからか、この程度の足元でもある程度のゆとりは確保されます。

f:id:travelpudding:20170624101759j:plain 

搭乗率は7割ほどと、そこまで多くないです。

定刻では15:25出発ですが、若干早めにプッシュバック。

 

10分ほどで離陸します。

 f:id:travelpudding:20170624101825j:plain

大阪市の景色が眼下に広がり、

 f:id:travelpudding:20170624101845j:plain

生駒山地も見えてきます。

 f:id:travelpudding:20170624101909j:plain

まっすぐ日本海に向けて北上していくかと思いきや、しばらく東へ進み続けました。

 

遠くに木曽三川も見えてきたほど。

 f:id:travelpudding:20170624101946j:plain

岐阜県上空あたりから進路を北に向け、まっすぐ千歳に向かいます。

 

ドリンクサービスではコンソメスープをいただきました。

f:id:travelpudding:20170624102042j:plain 

JALは、機内Wi-Fiが無料で使えるので、上空でもある程度暇つぶしが可能です。

 

※しかも「ずっと」無料になったらしいですね。

搭乗日時点では、まだ期間限定のキャンペーン扱いでした。

 

ちなみに、私はTwitterで友人とやりとりしたり、ビデオを見ていました。

 

そうこうしていたら、到着30分前のアナウンス。

 

そこからあっさり着陸態勢に入り、定刻よりやや早めに新千歳空港に着陸しました。

f:id:travelpudding:20170624102143j:plain 

訪れたのが2月なので、まだ雪が積もっています。

 

この後は千歳のサクララウンジへ訪れ、いよいよ北半球エコノミー1周旅行のトリを飾る便に搭乗します。

 

続きはこちらへ。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

 

伊丹空港 JALサクララウンジ

JALの国内線サクララウンジは、キャンペーンのおかげで非常にアクセスしやすいことで有名ですが、羽田空港以外のサクララウンジは利用したことがありませんでした。

※当時の話です。那覇サクララウンジは日程的にこの記事よりも後に訪れています。

 

というわけで、伊丹空港を利用したついでにサクララウンジに初潜入しました。

 

入り口で搭乗券をスキャンし、入室する流れは羽田空港と一緒。

 

いざ中へ。

 f:id:travelpudding:20170623103703j:plain

最近ではアメックスやBAマイルの関係で大阪に行く人も多いので、この光景を見る人も多いかも。

 

意外と部屋は広いんですね。

f:id:travelpudding:20170623120130j:plain 

…いやーほんとに書くことないんですよ。


どこに行っても、国内線サクララウンジは「ドリンクバー」と「ビールサーバー」と「充電コンセント」しかありませんし。

 f:id:travelpudding:20170623103815j:plain

30分ほど充電して、搭乗口へと向かいました。

フィンランド航空77便 ヘルシンキ〜関空 〈後編〉

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

前編からの続きです。

 


いざ寝ようとしましたが、前の乗客がリクライニングを全力で倒したので、元々狭い足元がさらに狭くなり、どうにも寝付けません。

(この個人用モニターの角度でお察しください)

f:id:travelpudding:20170622115501j:plain

結局2時間ほど眠ったのち、諦めて映画を見ることにしました。

 

映画「the accountant」と「Doctor strange」の2本見ましたが、両方とも面白かったですね。

 

そして、やっぱりあったこの映画。

f:id:travelpudding:20170622114820j:plain

ビジネスクラスの乗客「もしかして」

狭いエコノミーで悶えてる私「私たち」

2人「入れ替わってる〜!?」

 

とはならないでしょうか。出来るもんならなって欲しいです。

 

 

なんだかんだしていたら到着3時間前。窓の外には日の出。

f:id:travelpudding:20170622114846j:plain

出発の時から気になっていたのですが、最短距離で日本に向かうとすれば、間違いなく「あの国」を突っ切りますよね?

そんなことするのか?

 

って思っていましたが、どうやらこのあたりで飛行機が進路を南に変えたようです。

f:id:travelpudding:20170622114924j:plain

まあさすがに避けるよね…って考えていた矢先、CAさんから「ただいま機内で急病人が発生しました。お医者様がいらっしゃいましたら…」というアナウンスが入りました。

 

こんなことは人生で初めてだったので、どうするんだろう?って疑問に思っていました。

てっきり北京あたりに着陸するかと思いましたが、何事もなかったかのようにスルー。

 

結局大丈夫だったということでしょか。

 

北京上空を過ぎれば進路を東へ。

 

着陸まで残り2時間ほどで韓国上空を通過。そして朝食がサーブされます。メニューは全体的にあっさり目。

f:id:travelpudding:20170622115006j:plain

 

f:id:travelpudding:20170622115050j:plain

このあたりから、シートのリクライニングを戻すように指示が入ります。

 

着陸30分前に機内販売終了のアナウンスがなされます。

日本はもうすぐそこです。

f:id:travelpudding:20170622115028j:plain

10分後にベルト着用サインが点灯。

 

その後かなり左右に揺れましたが、なんとか無事に関空に着陸。

 

久しぶりに日本に帰ってきた私を、タイ国際航空B747が迎えてくれました。

f:id:travelpudding:20170622115131j:plain

 

今回の便の感想としては、エコノミーのシートピッチが78cmはやっぱり狭い。それ以外は特に文句ないですね。

 

「シートピッチ?気にしたことねえ!」ってどこかのブログで言ってた人もいますけど、やっぱり狭いもんは狭いです。それとも缶詰に慣れてるからですか?って感じ。

 

身長175cmの私ですら狭いと思うほどですから、大柄な人にはちょっときついかも。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

この後は伊丹へ乗り継いだ後、国内線に乗り込みます。

 

もう少し旅は続きます。