読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

ワシントンからニューヨークへはバス利用が最強?

 
ワシントンでの観光を無事に終えたので、翌日はニューヨークへバスで移動することにしました。

f:id:travelpudding:20170327151554j:plain

ニューヨークへの移動手段としては色々候補があり、「飛行機、アムトラック(高速鉄道)、バス」が挙げられます。
 
話は逸れますが、アメリカ国内(の主要都市間)を移動するとなると、1000キロの移動もザラです。
※前日移動したシカゴとワシントンD.Cの間も、直線で約1000km離れています。
 
そんな国なので、移動手段の候補として飛行機がまず第一に上がってきます。

f:id:travelpudding:20170327151725j:plain

※アメリカ在住者は当然車が最優先でしょうが、ここでは観光客向けの話をしています。
 
ならば、アメリカ国内移動において、飛行機以外の乗り物は全く使えないのか?
 
そうでもないんです。
 
その典型的な例が、先述したワシントンからニューヨークの間です。
 
この2都市は350kmほどしか離れていません。日本で言うなら、ほぼ東京ー名古屋間に相当します。
こんな距離なので、飛行機の「遠距離まで速く到達出来る強み」があまり発揮されません。
 
保安検査もめんどくさいですしね。
飛行機の所要時間は約1時間と短いですが、航空券は高めです。参考までに6月6日(火曜日)で調べてみました。

f:id:travelpudding:20170327162344j:plain


一見「ありなんじゃないか?」と思いますが、この値段だと、これら以外の便がほぼ選択肢に上がらず(あっても早朝)、時間のいい便だと、ゆうに1万円を越えてしまいます。
 
また、空港が市内から遠いので、そのアクセスにも時間がかかってしまいます。
 
 
では鉄道移動(アムトラック)はどうでしょうか?参考までに、飛行機と同じく6月6日(火曜日)の運賃を見てみました。

f:id:travelpudding:20170327162439j:plain

少し遅いregionalの最安で49ドル、最速のアセラエクスプレスは、最安運賃が165ドルもします。
regionalはワシントンーニューヨーク間を約3時間30分〜3時間50分、アセラエクスプレスは約2時間50分で結びます。

※どれだけ予約時期が早くても、この値段を下回ることはありません。
 
 
それではバスはどうでしょうか?

メガバス以外にもバス会社はいくつかあります。私は「メガバス」という会社を選択しました。理由は、ワシントン10:00発という、ちょうどいい時間の便がメガバスで運行されていたため。
 
費用はなんと24.75ドル(手数料込み)。
利用4日前に予約してこのお値段ですから、破格と言わざるを得ません。
 
もっと早めに予約すると、なんと5ドル(別途手数料が必要)でも取ることが出来ます。

f:id:travelpudding:20170327162516j:plain

問題の所要時間は、4時間40分と3つの選択肢の中では1番長いですが、ニューヨークの中心地へと連れて行ってくれるのは便利ですね。
※他のバス会社も所要時間はほぼ同じですが、最安値はメガバスで間違いないでしょう。
 
というわけで、ワシントンーニューヨークの主要交通手段を比較してみましたが、いかがでしたか?
 
この2都市間では、バス利用は十分ありどころか、最初に上がってくる選択肢になりうるのではないでしょうか。
 
次回は、実際に乗車してみた感想を記事にしたいと思います。

何のためにブログを書くのか?


今朝Twitterを見てたら、「誰のために、何のためにブログを書いてるのかわからなくなった」というツイートが流れてきました。


そんなの決まってるじゃないですか。

「自分のため」です。

むしろそれ以外にあるんですか??


私は完全に備忘録として書いてますが、これも自分のためですよね。


※「書きたいから書く」のも、もちろん自分のためです。

f:id:travelpudding:20170322092305j:plain

もちろんそれ以外にも、ブログを書く動機はあるはずです。


流行りの陸マイラーブログでいうなら、「ポイントサイトの紹介で稼ぎたい」、あるいは「広告収入が欲しい」。これに尽きるんじゃないでしょうか??


これって誰のためですか?他人のためですか?

いいえ違います。自分のためです。


こうした人達は、「慈善家だから、他人に情報を教えてあげている」わけではありませんよね?

もし自分でそう思っているのだとしたら、言動と行動が合っていませんよ。


もちろん、「他人に情報を教えてあげているけれど、広告収入が入っていない」というパターンも、存在するでしょう。

ならこの人達はなぜブログを書くのか?


だいたいは、備忘録としてか、情報を提供して他人に感謝されたいか。このいずれかじゃないでしょうか?


「他人に感謝されたい」という行為は、一体誰のためですか?もう言うまでもありませんね。


仕事で記事を書かなければならない人もいますが、私たち一般人はそんな事ありません。


書きたくなければ書かなければいいんです。

誰も強制していないんですから。


そこでモチベーションが保てないなら、いっそ辞めてしまっても問題ないんですよ。


その選択も「自分のため」ですし。

JAL 当日アップグレードの価格調整へ


すでにご存知かもしれませんが、JALは国際線をエコノミークラスで予約していても、当日チェックインの時に追加料金を払えば、「プレミアムエコノミークラス」を利用することが出来ます。

f:id:travelpudding:20170321184329j:plain

※当日アップグレードはJALだけのシステムではありません。


この時に優遇されるのは「座席」のみで、「ラウンジ」や「優先搭乗」などは利用できません。最初からプレミアムエコノミークラスを予約していた人とは、細かいところで区分される仕組みになっています。


そのアップグレードの料金が4/1から変更されるようで。

f:id:travelpudding:20170321183939j:plain

基本的には値上げですが、価格据え置きの目的地も存在します。


それぞれ見てみると…

1万円up→モスクワ以外の欧米とハノイバンコクシンガポール、デリー


5000円up→モスクワ、香港


価格据え置き→シドニージャカルタ、クアラルンプール


このようになりました。



エリアで見るともう少しわかりやすいかもしれません。


15000円→近距離(香港)


20000円→中距離(ハノイジャカルタ、クアラルンプール、シンガポールバンコク)


30000円→中〜長距離(デリー、シドニー)


35000円→長距離(モスクワ)


40000円→長距離(欧米)


このようになりました。

基本的に適正価格になったと思いますが、デリーが30000円になったのはどうなのかなあと思いますね。距離にしてはちょっと高い気も。


シンガポールとクアラルンプールに至っては、ほとんど距離の差がないのに方や1万円、方や2万円でしたからね。

このあたりの是正は妥当でしょう。


にしても、シドニーの3万円据え置きは意外でした。距離にすればヘルシンキとほぼ変わりませんし。


ANAシドニー便を羽田に就航しているからその対抗としてなのか…と勘ぐってしまいますね。

それか、3万円じゃないと売れないとか。

 

話が逸れました。


いずれにせよ、4/1の「搭乗」から適用となります。燃油サーチャージと違い、この価格調整に対して、「事前にチケットを準備して調整前の値段で搭乗する」なんて事は出来ません。ご注意下さい。


また羽田0:05発のJL33便バンコク行きや、同じく羽田0:05発のJL35便シンガポール行きなど、「日付的には4月1日に搭乗する」場合も、価格調整後の値段が適用されますので、こちらも合わせてご注意下さい。

夜のワシントンD.Cで観光 その2

 

無事にホワイトハウスを見れた所から続きます。

f:id:travelpudding:20170324140533j:plain

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

 

ワシントンD.Cの観光施設?というか見どころ?はある程度固まっていて、「ナショナルモール」という国立公園の周辺に多く存在します。(下の地図で言うとほぼ真ん中)

f:id:travelpudding:20170324134419j:plain

その辺りに点在する建造物も見てみたかったので、ナショナルモールの東端まで歩いていこうと考え、まずはその西端に位置する「ワシントン記念塔」へと向かうことにしました。

こんな感じ。

f:id:travelpudding:20170324135629j:plain

※約1時間後、この思いつきに対して思いっきり後悔します。

 

写真はありませんが、ワシントン記念塔はホワイトハウスからも見えるほど大きいです(この辺り一帯は全て公園なので、遮る建物が何もないのもありますが)。 

高さは169mだそうで。

 

ホワイトハウスから10分弱で「constitute通り」という、かなり大きなストリートを渡ると、ワシントン記念塔もこのぐらいのサイズになります。

f:id:travelpudding:20170324134137j:plain

東京タワーの約半分ぐらいとはいえ、かなり大きいですね。

ワシントン記念塔が完成したのが、今から約130年前というのにも驚きです。

 

ここからナショナルモールの東端に向けて、進路を南から東に変えます。

 

早速「アメリカ歴史博物館」が見えてきました。日本にもこんな感じの駅舎がありそうな気がしてこないでもない…?

f:id:travelpudding:20170324134529j:plain

ワシントン記念塔から10分ほど歩けば「国立自然博物館」が見えてきます。ほどよいライトアップで建物を照らしていますね。

f:id:travelpudding:20170324134558j:plain

さらに10分歩けば、今度は「ナショナルギャラリー」が見えてきます。先ほどの「国立自然博物館」より、ライトアップはさらに控えめ。もはや暗いですね。

 

そして、その先には「国会議事堂」が見えるのですが…どうもこの先へは行けそうにありません。

f:id:travelpudding:20170324134821j:plain

ナショナルモールの東端より若干手前ですが、仕方ありませんね。

ワシントン記念塔からその位置まで、だいたい40分前後かかったことになります。

 

ホワイトハウスから含めれば、1時間弱歩いてる計算になります。かなりしんどい。

 

それもそのはず、ワシントン記念塔から約3km、ホワイトハウスからだと4kmも歩いているのです。

 

この日はスーパーボウルの試合をしているので、みんなテレビに夢中。

すれ違う人がほとんどいなかったので、逆に怖かったのも、疲れを増幅させました。

 

国会議事堂に着いた時点で21時過ぎだったので、さっさと「Metro Center」のバス停に帰ります。

 

当然歩きです。

 

帰りは、行きと違い「pennsylvania通り」を使いました。

f:id:travelpudding:20170324140444j:plain

この地図で言うなら行きは赤線、帰りは青線です。

 

f:id:travelpudding:20170324134910j:plain

 

f:id:travelpudding:20170324134946j:plain

 

f:id:travelpudding:20170324135227j:plain

 

f:id:travelpudding:20170324135256j:plain

約30分かかってようやく「Metro Center」駅(のシャトルバス停留所)に到着。これにてワシントンD.Cの観光は終了です。

 

※このルートは、体力のある人以外オススメしません。

祝!ブログ開設1ヶ月!

 

私事ですが、このブログを開設して1ヶ月が経ちました!

f:id:travelpudding:20170320083933j:plain

だからどうした?という意見は、現在受け付けておりませんのであしからず。

 

現在65名の方に読者登録していただいています。いつもありがとうございます。(この記事公開前時点)

 

「自分の旅行をなんとなく備忘録としてまとめよう」と思い立ったのがきっかけですが、意外と習慣になるもんですね。

 

たまに荒ぶる時もあります。というか、最近の私は結構荒ぶってますよね。間違ったことを言っているつもりはありませんが、もし不快な思いをされたらすみません。

 

これとか、

travelpudding.hatenadiary.jp

これとかがそうですね。

travelpudding.hatenadiary.jp

 

 

これからも「全く役に立たないけど、見ていて面白いブログ」を目指そうと思います。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

 

〜おまけ〜

※最後まで読んでください。

 

ANAのマイルを貯めるなら!ポイントサイトのハピタスに登録すればおトク!

 

今ならこのバーナーをクリックして登録すると、◯◯ポイントもらえます!

 

登録はこちらから!

sp.hapitas.jp

 

とか、

 

こんな素敵な景色を見ました!

こんな素敵な料理を食べました!

そんなハワイにビジネスクラスで行くなら!

ポイントサイトでマイルを貯めて、いざハワイへ!


経営破綻したJALなんかより!最近業績を伸ばしているANAで行きましょう!!ね!!ANAの方がいいですよ!!ANAビジネスクラスは素晴らしい!!

 

オススメのポイントサイトはハピタスです!登録はこちらから!

sp.hapitas.jp

 

 

って旅行記の中でやられるとイラッときません?

 

少なくとも私はイラッとしてしまいます。

 

だから私は、今後もこのような「ポイントサイト誘導」記事を掲載するつもりはございませんので、ご安心ください。

 

※この記事のバーナーを踏んでもトップページにしかいきません。疑うなら踏んでみてください。

夜のワシントンD.Cで観光 その1

 

ワシントンのメトロでダウンタウンへと到着した私。

 

ホテルにチェックインしてから色々していたら、すでに時刻は20時過ぎ。

 

こんな時間ですが観光をします。

 

前回の記事で、ワシントンメトロは「Foggy bottom」駅までしか運行していないという事を説明しましたが、これが予想以上にめんどくさかったんです。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

シャトルバスは「orange line」の駅に準じた場所に止まるとはいえ、場合によっては全然違う場所に降ろされます。

 

また、停留所の場所がわかりづらく、場所がわかったとしても、シャトルバスの時刻表が存在しないため、時間が読みづらいという事もあります。

「free」なのはありがたいんですがね。

 f:id:travelpudding:20170319083704j:plain

私は、どうしてもホワイトハウスを最初に見たかったので、最初に向かうことにしました。

 

とりあえず「Metro Center」駅で降りればいいことはわかっていたので、シャトルバスに揺られ続けます。

 

その間ずーっとGooglemapで追いかけ続けたのですが、イマイチ場所が把握できず。

 

停留所に停まって乗客が一斉に降りだしたので、ここが「Metro Center」駅の近くなんだなと思ったので、すぐさま下車。なんとも情けない話です。

f:id:travelpudding:20170319084224j:plain

ホワイトハウスに向けて歩き始めましたが、ほとんど人がいません。

これが本当に一国の首都か?と思わせるほどでした。

f:id:travelpudding:20170319083813j:plain

この理由は数日後、友人に聞かされてようやく判明します。

 

私がワシントンD.Cを訪れたのは2月5日。

そう、この日はヒューストンで「スーパーボウル」の試合が開催されていた日です。

 

スーパーボウルは、全米のテレビ視聴率が50%にものぼると言われるバスケットボールの試合です。

さらにこの日の試合は、スーパーボウル史上初の延長戦。盛り上がらないわけがありません。

 

※レディーガガがハーフタイムのショーで、やんわりとトランプ大統領を非難した話も当然知りません。

 

そんな中で、私は呑気に観光していたことになります。普通の観光客のつもりが、周りから見ればただの異常者ですね。

f:id:travelpudding:20170319090559j:plain

F通りを西へ10分ほど歩けば、白い建物が見えてきますが、これはホワイトハウスではありません。アメリカ財務省の建物です。さらっと言ったけど、財務省大きい…

f:id:travelpudding:20170319090536j:plain

ここからすぐの公園の敷地に入り、ホワイトハウスを探します。

 

ホワイトハウスがすんなり見つからず、しばらく迷っていると、なんと女性警察官に声をかけられました。

 

警察官に「この辺りをうろうろしないでねー」と言われましたが、別にkeep outの所を歩いてるわけではないのです。

そこで、素直に「ホワイトハウスを見たい」と告げると、親切に場所を教えてくれました。

 

これはありがたいと思いましたが、冷静になって考えてみれば、私はあの人に絶対不審者だと思われたはずです。なんてったって、その日は2月5日ですからね。

f:id:travelpudding:20170319084123j:plain

警察官に教わった道を行くと、ホワイトハウスは姿を見せてくれました。

普段ライトアップされたホワイトハウスを見ることもないので、かなり新鮮でした。

 

その2に続きます。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

飛行機から見る夕焼け


唐突ですが、飛行機から見る夕焼けってなんかドラマチックに感じませんか?

f:id:travelpudding:20170317194015j:plain

私、本当に夕焼けが好きなんですよ。


上空30000ftの世界では、遮るものがなにもなく、ゆっくりと太陽の動きを見ることが出来ますから、地上で見るそれとはまた違う良さがあります。


そんな私が乗った「夕焼けフライト」の中で、特に印象的だったのが「JL3115便」です。今月の頭に、国内線修行として乗りました。


この便は名古屋を16:55に出発し、千歳には18:35に到着します。座席は断然左の窓側がオススメです!


セントレアを離陸したJL3115便は、名古屋市街上空を抜け、高山方面へと進路をとります。

f:id:travelpudding:20170317194121j:plain

飛騨山脈を上から望みつつ、進路を北へ。

f:id:travelpudding:20170317194223j:plain

だんだんと日が暮れてきます。

f:id:travelpudding:20170317194320j:plain

普段の生活であれば、17:00〜18:00ごろは何かしら活動している時間でしょう。

そんな時間に、何も考えずただぼーっと夕焼けを眺めていられる。なんという至福のひととき。

f:id:travelpudding:20170317194358j:plain

そして暗闇が空を支配し始めたころ、飛行機は着陸態勢に。

f:id:travelpudding:20170317194437j:plain


あっという間に新千歳空港到着です。