修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

政府が出国時に税金を取る事を検討しているらしい話

昨日、こんなニュースが飛び込んできました。

www3.nhk.or.jp

いやーーーさすがにこんな政策は想定していませんでしたね。

 

実は、2015年から海外移住者向けに取っている「出国税」という税金が存在していて、厳密には今回のそれとは別です。「海外旅行税」とでも呼んだ方がいいでしょうか。

※今回の記事では、便宜上「出国税」と表記させていただきます。

 

要は、もっと広い範囲で税金を取ろうという算段らしいです。

 

 

世界の国々を見渡すと、出国するときに「出国税」を徴収している国が存在します。

 

例えば、香港は「出国税」のほかに、最近では「空港建設料」というものを約1400円徴収しています。もろもろかかる税金をトータルで考えれば、日本より香港の方が出国する時の料金が高いです。 

 f:id:travelpudding:20170720084557j:plain

イギリスなんてびっくりしますよ。

 

イギリス在住の人が日本行きの直行便(それどころか比較的近距離にあたるドバイあたりも)を利用するなら、「航空旅客税」として問答無用で23000円もっていかれます。

 

うーん。高い。

 f:id:travelpudding:20170720084636j:plain

それに比べると、日本を出国する時の料金は相当安いんです。

このような状況を知って、「ここから税金取れるじゃん!」と思った官僚がいるに違いありません。

 

そうでなければ、わざわざこんな反発必死の税金を作ろうとも思わないでしょう。

 

正直言って、メリットが見つからないです。日本の税収が増えるということ以外。

 

国税導入によって空港使用料が減額されるとも思えませんし、純粋に上乗せされることになるはずです。

 f:id:travelpudding:20170720084746j:plain

現在、外国人の入国者と日本人の出国者数は、合わせて3600万人にも上ります。(2015年時点)

 

仮に、出国するときにかかる税金を、一律で「1500円」と設定したとしましょう。

 

ざっくり計算すると、これで540億円分純粋に税収が増える計算になります。

 

結構な額になりますね。

 

では、果たしてこの国でこのお金が、「真の意味で」観光立国を目指して使われるのでしょうか。

外国人に支払ってもらった出国税で、日本はより観光したいと思わせる国になるでしょうか。

f:id:travelpudding:20170720085054j:plain

今の日本の状態では、「はい、そう思います」と自信をもって言えない人が多くを占めるのではないかあと。

 

今回の計画の根源的な問題は、金額がどうこうというよりも、人々が日本政府に対して全然信頼していないから、「ああ、また取れるところから税金を取ろうってことね」という感情が先立ってしまうんですよね。

 

ちなみにですが、出国税の具体的な金額はまだわかりません。というか「検討」しているだけなので、採用されるかどうかもわかりません。


今後とも目が離せませんね。

 

※いっそ、アメリカの「ESTA」やカナダの「eTA」のような電子渡航認証システムを導入し、「入国税」を払うようにすればいいんじゃないかと思いますが、たぶんそうはいかないでしょう。

 

なにせ、2015年になってようやく外国人の入国者数(1974万人)が、日本人の出国者数(1621万人)を超えたぐらいですし。上記のような方法ではあまり多くの税収を確保できず、なおかつお金と時間とシステム配備の手間がかかります。

 

だったら、一律に出国税を課したほうが、よほど楽で多くの税収を獲得できます。

 

というか「欧米では出国税を課しているから、日本でもまねる」なら、日本は欧米をまねて、電子渡航認証システムを導入するのでしょうか?

EUも数年後に導入するらしいですよ?

バンコクの街を歩いて観光してみた(前編)

ホテルで荷物を置いたあと、再び街へと繰り出します。

 

この続きです。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

せっかくバンコクに来たので、有名な建築物を見たいと思い、軽く調べると、チャオプラヤ川の近くが1番観光スポットが密集しているとのこと。  

f:id:travelpudding:20170717102221j:plain

どうやって移動するかを考えましたが、なかなかいい案が思い浮かびません。

 

というのも、バンコクは地下鉄の路線網がとても貧弱で、そこまでのアクセスはタクシーかトゥクトゥクになってしまうんですよね。

 

この頃はまだ、海外のタクシーに言いようのない恐れを抱いており、出来れば乗りたくないと思っていました。

 

 

というわけで、地下鉄で行ける最果ての「フアラボーン」駅まで行き、そこからは徒歩で行くことに決定。

 

今振り返っても、この選択は全くもって正解とは言えませんが、仕方ありません。

 

 

先ほど利用したスクンビット駅に戻り、地下鉄に乗って6駅、フアラボーン駅に到着。

 

このフアラボーン駅は、タイ国鉄の駅と直結しており、タイ国鉄の車両を拝むことも出来ます。

f:id:travelpudding:20170717100932j:plain

タイ国鉄の無骨なデザインも、これはこれでかっこいいですよね。

f:id:travelpudding:20170717101004j:plain

ちなみに、ホームはかさ上げされていないので、段差にご注意とか、そんな次元ではありません。

 

列車に乗る時は、車両に備え付けられているステップを使うことになります。

f:id:travelpudding:20170717101034j:plain

タイ国鉄の駅を見学した後は、まっすぐ西に向かって歩きます。

f:id:travelpudding:20170717101110j:plain

それにしても電線の数がすごいです。

景観もクソもあったもんじゃないですね。

f:id:travelpudding:20170717101144j:plain

 

f:id:travelpudding:20170717101215j:plain

どんどん西へと歩みを進め、

f:id:travelpudding:20170717101336j:plain

途中のショッピングセンターで1度休憩。

フアラボーン駅からだいたい2kmほどでしょうか。名前は失念してしまいました。

 

そのショッピングセンターで見つけた「ホツカイドウバー」が面白くて、思わず写真を撮ってしまいます。

f:id:travelpudding:20170717101251j:plain

ある程度元気になったので、再び出発。

 

ショッピングモールから1kmちょっとで、有名な「ワットポー」がある地区にやってきました。

f:id:travelpudding:20170717101543j:plain

 

f:id:travelpudding:20170717101820j:plain

荘厳な建物がたくさん立ち並ぶこの地区は、おそらくバンコク観光の中で最初の候補に上がってくるような所です。当然ながら人も多いです。

f:id:travelpudding:20170717102307j:plain

 

f:id:travelpudding:20170717102335j:plain

近くを流れるチャオプラヤ川も見てみたいと思いましたが、なかなか川が見えるスポットがありませんでした。

 

探すのにかなり苦労しましたが、フェリー乗り場の近くに川が見えて、なおかつ写真撮影出来るスポットがあったので、急いで向かいます。

 

川向こうに見えるのは「ワット・アルン」。

時間の都合上、今回は近づく事を断念しました。

f:id:travelpudding:20170717102421j:plain

ラッキーなことに、ここから夕日が見られたんです!

 

チャオプラヤ川と沈む夕日が見られたのは、本当にラッキーでした。間に合って良かったです。

f:id:travelpudding:20170717102454j:plain

これで、ある程度目的は果たしましたが、街歩きはもう少し続きます。

タイに入国、そしてバンコク中心地へ

バンコクスワンナプーム国際空港に到着した所からの続きです。

f:id:travelpudding:20170713173359j:plain

私はタイに訪れたことがなく、これが初めてだったのですが、1番不安だったのが「入国するのに何分かかるか」ということでした。

 

 

ネットでは、「入国に1時間かかった」「今回は15分で抜けられた」「30分で終わったのは早い方」と、どれを信じればいいのかわからない状態でした。

 

果たしてどうだったのか。

 

私の場合は30分前後で入国できました。正直、仁川よりマシです。

f:id:travelpudding:20170713173429j:plain

入国した後は、空港アクセス鉄道(ARL)でバンコク中心地へと向かいます。

f:id:travelpudding:20170713174158j:plain

とりあえずエスカレーターで地下へ。

f:id:travelpudding:20170713174140j:plain

エスカレーターを降りてすぐの所に、両替所とコンビニがあるので、両替を済ませ飲み物を購入。

 

 

なんだか見覚えある飲み物を見つけてしまいました。

f:id:travelpudding:20170713173451j:plain

 

f:id:travelpudding:20170713174100j:plain

ちなみに味は本家の2倍ぐらい甘かったです。

 

 

続いて券売機へ。

f:id:travelpudding:20170713173512j:plain

かつては急行列車が走っていたみたいですが、かなり前に運休になったそう。

 

大人しく各駅停車用のきっぷを買います。

 

看板を見ても、なんて書いてあるかさっぱり読めません。

f:id:travelpudding:20170713173713j:plain

※英語が出来るとは言っていない

f:id:travelpudding:20170713173547j:plain

 

f:id:travelpudding:20170713173630j:plain

あのね?頼むから「ほんやくコンニャク」を出してくださいませんか?

 

そうこうしているうちに、列車が到着しました。

 

写真はありませんが、いたって普通の列車でした。

 

列車は高架の路線を走り続けることになります。眼下には大量の車が走っていて、その車の多さから、中国(左側通行ver.)のような感想を抱きます。

 

すっごい不思議なんですけど、なんでタイって左側通行なんでしょうか?

f:id:travelpudding:20170713174239j:plain

タイは、どこの国の植民地にもなっていないのに、周りの国(ベトナムラオスなど)とは違って、左側通行な理由がイマイチよくわかりません……

 

まあ日本人からすれば、同じ左側通行で楽なんですけどね。

 

 

地下鉄と乗り換えられるマッカサン駅までは、スワンナプーム駅から20分ぐらいで到着します。これでも「ドンムアン空港」より遠いと言われるバンコクの空港事情。日本人からすれば羨ましい限り。

 

乗り換えといっても、一旦改札を出て地上を歩き、さらに地下に入って再び改札に入るので、5〜10分ぐらいはかかります。

f:id:travelpudding:20170713173958j:plain

※そもそもARLの駅名が「マッカサン」なのに対し、地下鉄の駅名は「ベッチャブリ」です。

 

乗り換えに関しては、完全に浜松町や品川に軍配が上がるでしょう。

 

 

ホテルの最寄駅は、ベッチャブリ駅の1つ隣の「スクンビット」駅だったので、ここで下車。

 

近くのホテルでチェックインして荷物を預け、再び街へと繰り出しました。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

A380も全制覇を妄想してみた

世界最大の飛行機として、みなさんご存知「エアバスA380(以下A380と省略)」

 

あの独特の顔と巨大なボディがたまらないんですよね。

f:id:travelpudding:20170711114221j:plain

f:id:travelpudding:20170711114436j:plain

そんなA380を飛ばしている航空会社と「主な」運行区間(7/11現在)を挙げてみると、、

 

スターアライアンス

シンガポール航空

シンガポール〜香港、フランクフルト(〜ニューヨーク)、ロンドン、パリ

 

ルフトハンザドイツ航空

→フランクフルト〜香港、北京、ニューヨーク、ロサンゼルス、ヨハネスブルグ

 

アシアナ航空

→ソウル(仁川)〜ロサンゼルス、ニューヨーク、フランクフルト

 

タイ国際航空

バンコク〜成田、パリ、ロンドン、フランクフルト

 

ワンワールド

カタール航空

→ドーハ〜ロンドン、パリ、バンコク(曜日限定)

 

カンタス航空

→シドニ〜ドバイ(〜ロンドン)、ロサンゼルス(〜ニューヨーク)、ダラス、香港

メルボルン〜ドバイ(〜ロンドン)、ロサンゼルス

 

・ブリティッシュエアウェイズ

→ロンドン〜シンガポール、香港、ヨハネスブルグ、ロサンゼルス、ヨハネスブルグ

 

・マレーシア航空

→クアラルンプール〜ロンドン

※8.9月にソウル(仁川)と成田に飛来予定

 

スカイチーム

エールフランス

→パリ〜ニューヨーク、ワシントン、ロサンゼルス、香港、上海、ヨハネスブルグ

 

大韓航空

→ソウル(仁川)〜ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ

 

中国南方航空

→広州〜北京、ロサンゼルス

 

〈アライアンス外〉

エミレーツ航空

→ドバイ〜成田、ロンドン、パリ、バンコクシドニー、ニューヨーク

 

エティハド航空

アブダビ〜ロンドン、パリ

 

※(〜ロンドン)のような表記は、以遠権路線を指します

 

…の、合計13社です。

f:id:travelpudding:20170711112435j:plain

私は、今挙げた全キャリアのA380に乗ってみたいんですよね。

 

私はまだ「タイ国際航空」のA380しか乗ったことがなく、残り12社もあります。

 

8.9月に日本にやってくる「マレーシア航空」のA380には搭乗する予定なので、これで残り11社。

 

 

ちなみに、この中で難易度が低いのは「タイ国際航空」と「エミレーツ航空」で間違いないです。なんたって日本に就航していますからね。


一方、個人的に難易度が高いと思っているのが、「大韓航空」「中国南方航空」「エティハド航空」です。

 

大韓航空は、なぜかエコノミーでも安いチケットが全然なく、アワードチケットで乗るしかないためです。

 

中国南方航空は、定時性に関して、おチャイナクオリティゆえに全く信頼が置けないからです。

また、短距離の広州〜北京を利用するなら、少なからず機材変更の可能性があるからです。

実際に被害に遭われた(?)方もいるみたいですし。

 

エティハド航空は、思ってる以上に就航地が少ないこと、アブダビまで行かないといけないことが理由です。

 f:id:travelpudding:20170711113707j:plain

アジア〜ヨーロッパでこなせるキャリア(ルフトハンザ、エールフランス、ブリティッシュエアウェイズ、アシアナ)は、基本的にはエコノミー利用で済ませてしまいます。


特典航空券でビジネスクラス利用も視野に入れているものもあります(特に大韓航空)

 

カンタスカタールエミレーツJALの特典航空券で利用すればOK(あるいはBAマイルでもいい)

 

シンガポール航空や中国南方は、アジア圏内でクリア出来てしまうので、これは後回し。

 

と考えると、やっぱりエティハドって難しいですね。多分最後まで余る気がします。

 f:id:travelpudding:20170711113909j:plain

何にせよ、「アッパークラス利用じゃないと制覇したとは言えない」という縛りはつけないので、いずれ全制覇出来そうではあります。

 

仮にこの縛りをつけると、シンガポール航空エティハド航空あたりがめんどくさくなります(特にエティハド)

 

まあ、ワンワールド全制覇と並行しつつ、まったりとこなしていきたいと思います。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

※機材は唐突に変更される場合もあります。必ずご自身で最新の情報を確認してください。

 

※また、「A380に乗れなかった!飛行機代返せ!」などのいちゃもんは、航空会社に向けないようにお願いします。

 

マレーシア航空788便 クアラルンプール~バンコク

クアラルンプールに戻った後は、ホテルで1泊し、翌日クアラルンプール国際空港へと向かいました。

 

ビジネスクラスチェックインを利用してあっさりチケットを出してもらい、不思議なほどガラガラな出国審査を終え、この後はラウンジへ。

 

その様子は別記事でまとめてあります。

 

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

出発40分前になり、搭乗口へ。

 

バンコク行きはH8ゲートですが、なぜかゲートが空いていません。

隣のH10ゲートと共通で保安検査をしています。行き先は忘れましたが、確かマリンドエアと共通でした。

 

当然これでは客をさばききれないので、こんな有様。

 f:id:travelpudding:20170710113431j:plain

私がやってきた出発40分前ぐらいに、バンコク行きのためにようやくH8ゲートを開けたみたいです。

 

だったら1時間前集合なんてやめちまえって思うのは私だけでしょうか。

 

出発30分前から搭乗を開始するのは律儀に守ったので、結局出発は定刻通りの12:20過ぎだったのが幸いです。

 f:id:travelpudding:20170710113519j:plain

搭乗率は7割ほど。予想に反して少ないです。

私の列だけでなく、ほとんどの列で隣席ブロックがなされていました。これはありがたい。

 

タキシングの最中に、お役御免になった飛行機たちが見られるのもクアラルンプールならでは。

 f:id:travelpudding:20170710113539j:plain

プッシュバックから10分で離陸。

相変わらずこの空港は、動き出してからはスムーズなんですよね。

 f:id:travelpudding:20170710113557j:plain

離陸して20分ほどで、早速機内食が出てきます。とにかくマレーシア航空さんはスピードが速くていい。

 

味は普通にいけます。

 

進路を北に向けているMH788便は、昨日行ったペナン島の上空あたりを通過しますが、クアラルンプール国際空港からの所要時間は40分ほどです。

 f:id:travelpudding:20170710113719j:plain

行程の半分あたりで、眼下に広がる国がマレーシアからタイに変わります。

 

それにしても、クアラルンプールからバンコクって意外と遠いんですね。

飛行機で行っても2時間かかりますし。

 

機内食を食べてしまえば、あとはのんびりタイム。バンコクまでの時間を誰にも邪魔されることなく過ごせます。

 

離陸から1時間半ほどして、降下を開始し、地上が近づいてきます。

 f:id:travelpudding:20170710113741j:plain

天気はあまりよろしくなさそう。

f:id:travelpudding:20170710113850j:plain 

多少揺れましたが、ほぼ定刻にバンコクスワンナプーム空港に着陸しました。

 

 

クアラルンプールの地上が「アレ」過ぎたので、一時はどうなるかと思いましたが、結局は定刻に出発し到着したのでよしとしましょう。機内については、特に言うこともありません。

 

ただですね……

ゲートを指定したなら、そのゲートではきっちり職員をつかせて保安検査するべきだと思うんですよね。

 

仮に、ゲートを開けていてそれでも遅延したら、それはもうどんまいって感じですし、特に文句はありません。私はそんな程度では怒りません。

 

しかし、ゲート1列で2便分の保安検査をやるのは、明らかに無理があると思いませんか。

こんなんで遅延したら、普通にイラッとしますよ。なんのための1時間前集合なのかと。

 

わざわざめんどくさい「搭乗前保安検査」を客に強いていて、なおかつ1時間前集合を要求しているわけですし、せめて「ゲートを開けている」というパフォーマンスはした方がいいと思うんです。

 

そう思うのは贅沢な話でしょうか。

 

クアラルンプール空港 マレーシア航空リージョナルラウンジ

クアラルンプールのラウンジと言えば、サテライトターミナルにあるマレーシア航空のゴールデンラウンジが有名で、大体の人はそっちを利用します。

 

しかし、メインターミナルの方にもマレーシア航空のラウンジは存在します。

 

 

それが今回訪れた、「マレーシア航空 リージョナルラウンジ」です。

 

今回はバンコク行きに搭乗する予定なので、こちらのラウンジを利用しました。

 

メインターミナルにある2秒で終わる保安検査を通り抜けた後、エスカレーターで上のフロアに上がり、チケットを見せます。

 

いざ入室。

 

ラウンジに入ってすぐ、池が出迎えてくれます。

 f:id:travelpudding:20170709120002j:plain

開放的な窓と座席。

 f:id:travelpudding:20170709120022j:plain

窓からは飛行機もちゃんと見えます。

 f:id:travelpudding:20170709120041j:plain

少し狭く感じますが、詰め込み仕様ではないのでこれで十分です。

 f:id:travelpudding:20170709120108j:plain

キッズルームもあるのは意外でした。

 f:id:travelpudding:20170709120127j:plain

フードの数も特に申し分なし。

 f:id:travelpudding:20170709120159j:plain

f:id:travelpudding:20170709120310j:plain

今回、バンコク行きに搭乗することもあって、搭乗口により近いこちらのリージョナルラウンジを利用しましたが、必要最低限の設備はありますし、こちらのラウンジでも十分だと感じました。

 

がっつりとした食事を希望するなら、サテライトターミナルのゴールデンラウンジに行けばいい話ですし、リージョナルとサテライトとで、しっかりと棲み分けがなされているように感じます。

 

 

出発40分ほど前になったので、搭乗口に向かいました。 

 

バスでバターワースからクアラルンプールへ

前回、マレー国鉄の列車が満席で、バス移動を思いついた所からの続きです。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

バスターミナルは本当にすぐそばにあって、駅から見えるぐらい近いです。

f:id:travelpudding:20170708173825j:plain

チケットカウンターが集まったブースがあるので中へ。

f:id:travelpudding:20170708173806j:plain

呼び込みのおばちゃんが「KL!KL!KL!」と連呼して、お客を勧誘していました。

※KL=クアラルンプールのこと

 

一旦それを無視し、ある程度候補を見て回りました。

 

ただ、あんまり違いがわからなかったので、先ほどの呼び込みのおばちゃんからチケットを求めます。

 

クアラルンプールまでの料金は45リンギット。日本円で約1150円。

f:id:travelpudding:20170708173906j:plain

 

チケットを受け取ったのが13:30ごろ、出発時刻は14:45だったので、1時間ちょっと待ちぼうけを食らいます。

 

周辺には何もなかったので、駅前の露店でキンキンに冷えたスプライトを2リンギット(日本円で約50円)で購入し、おとなしく待機。

 

 

さて、出発時刻の14:45になってもバスは現れません。同じクアラルンプール行きのバスを待つ人達も、あからさまに焦り始めます。

 

15:15ごろになって、とあるおっちゃんが「クアラルンプール行きの客はこっちに来い!」というので、とぼとぼと歩き始めます。

f:id:travelpudding:20170708173933j:plain

本当にこのバスで合ってるのか不安でしたが、どうやら合っていたようです。

チケットを見せ、バスの中へ。

f:id:travelpudding:20170708173958j:plain

最終的には15:30ごろに出発したので、この時点で45分遅れています。前途多難ですね。

 

バターワースからクアラルンプールまでは300kmちょっと離れており、かなりの長旅になります。

 

途中の景色は基本的にジャングルなので、かなり退屈です。

f:id:travelpudding:20170708174303j:plain

2時間ほど眠ったでしょうか。ガソリン補給ついでにトイレ休憩が入ります。

 

マレーシアに1度でも訪れた事がある人なら知っているでしょうが、マレーシアのトイレってちょっと特殊なんです。

 

それは、トイレットペーパーがないこと。

 

備え付けのホースで何もかもを洗うんです。

 

宗教観の違いなのですが、私はノーサンキューなので、トイレに行くまいと決心し、昼ごはんを食べていません。

 

 

時刻はこの時すでに17時半。空腹の限界が近づいてきますが、手元のグミで空腹をごまかします。

 

20分ほどのトイレ休憩を終え、バスは再びクアラルンプールに向けて南下します。

 

だんだんと日が沈み、暗くなってきますが、相変わらず景色は退屈。途中何度か渋滞にはまり、テールランプが数珠繋ぎになります。

f:id:travelpudding:20170708174101j:plain

トイレ休憩から3時間ほど経った20:30ごろ、高速のとある料金所を通過。クアラルンプールがすぐ近くになってきたことを実感します。

f:id:travelpudding:20170708174122j:plain

結局KLセントラルに着いたのは21:00ごろでした。バターワースを出発してから、すでに5時間半が経過しています。

f:id:travelpudding:20170708174143j:plain

 

 

正直言って疲れました。

鉄道だと仮にバターワース13:30発の列車に乗れた場合、KLセントラル駅に17:35に到着します。

今回のバスはバターワース14:45発の予定が15:30発に変更され、さらに5時間半揺られて21:00に到着しています。疲れるのも当然です。

 

※鉄道だと80リンギット(日本円で2000円ちょっと)かかるのと、1日5本しかないのが難点です。

 

まあそれでも、当日中にクアラルンプールに戻ってこれたのはラッキーでした。

 

安心しきった私は、駅ナカバーガーキングで晩ごはんを済ませ、ホテルへと向かいました。

f:id:travelpudding:20170708174210j:plain