修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

JAL723便 成田~クアラルンプール

私は、去年からクアラルンプール発券をこなしていて、今回の旅行では、クアラルンプールに戻りつついろんな所へ足を延ばしました。

 

今回はペナン島を観光することにします。

 

まずはJAL723便でクアラルンプールに戻ります。

 f:id:travelpudding:20170629215156j:plain

東京(羽田・成田)からクアラルンプールへの直行便は、ANAが2往復、マレーシア航空が2往復(うち1往復は毎日運航ではない)、そしてJALは1往復運航しています。

 

つまり、東京からクアラルンプールへ、直行でなおかつJAL運航便で行こうとすれば、確実にJAL723便を使うことになります。

 

同じワンワールドのマレーシア航空利用という選択肢も存在しますが、マレーシア航空のクアラルンプール行きは成田10:30発と若干早いのが難点かなと。

 

一方、JAL723便は成田11:05発(当時)と若干遅めで、自宅から成田まで2時間かかる私にとってはありがたい選択肢となっています。

 

午前9時。第2ターミナルのチェックインカウンターで2枚の搭乗券を発行してもらいます。

1枚目は成田~クアラルンプールのJAL723便のチケット。

2枚目はクアラルンプール~ペナンのMH1166便のチケットです。

 

別切りで発券しましたが、両方とも成田で出してもらえました。

これで乗り継ぎの時に楽になります。

 

JMBサファイアの威力を発揮して、ガラガラの保安検査を済ませ、トータルで10分もかからずに出国。

 

搭乗まで1時間半ほどあったので、「サクララウンジ」へと向かいました。

その様子は別記事にまとめてあります。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

 

ラウンジでの滞在を終え、いざボーディング。

 f:id:travelpudding:20170629215241j:plain

意外と乗客の数は多くなく、7~8割程度の搭乗率でした。

隣が空いている列も存在したほどです。

 f:id:travelpudding:20170629215338j:plain

それでもプッシュバックが始まったのは、定刻から10分遅れの11:15ごろでした。

窓の外にはイベリア航空の飛行機が。

 f:id:travelpudding:20170629215358j:plain

その後も、だらだらとタキシングを続け、11:40ごろ離陸。

 

ぐんぐん高度を上げ、まっすぐ太平洋を目指します。

 

ベルト着用サインが消え、CAさん達が動き始めます。

離陸して25分ほどでおしぼりが配布され、手持ちぶさたな時間に突入。

 

その20分後にドリンクとおつまみが配布されます。

 f:id:travelpudding:20170629215512j:plain

離陸から1時間15分ほどで、ようやく機内食がやってきます。

今回はチキンを選択。

 f:id:travelpudding:20170629215535j:plain

食後に「ハーゲンダッツ」のアイスクリームが配られるのが相変わらずうれしいですね。

 f:id:travelpudding:20170629215553j:plain

機内食を食べ終えてもまだこのあたり。クアラルンプールはまだまだ先です。

 f:id:travelpudding:20170629215618j:plain

おなかがいっぱいになったので、1時間半ほど仮眠を取りました。

 

起きた後は、映画を見つつ時間をつぶします。

 

到着1時間ほど前になったので軽食が配られます。中身はヘーゼルナッツケーキだそう。普通に美味しかったです。

 f:id:travelpudding:20170629215648j:plain

このあとは機長のアナウンスが入り、15分ほどで着陸態勢に入ります。

 

特に揺れることもなく、クアラルンプール国際空港に到着。定刻より10分早着でした。

 

このあと入国審査を受けた後、最終目的地のペナン島へと向かいます。

 

travelpudding.hatenadiary.jp