読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

アメリカン航空154便 成田ーシカゴ

今回は、約2週間前に書いた「ワンワールドサファイアの威力を思い知る 」の続きというか、補足というか、そんな感じです。

 

 

私が、そもそもアメリカに行こうとしたのは

「ビジネスやファーストクラスで世界一周する人間はたくさんいても、エコノミークラスでやるやつはいないだろう」

「ヨーロッパへ行く用事はあるんだし、ついでにアメリカ行けばいいじゃないか」

という、なんともまあよくわからない理由によるものでした。

 

実際は、世界一周といっても北半球を出ていないですし、北半球を出ないにしても、より距離を稼げる「中東」や「東南アジア」にも行っていません。

今回は修行を兼ねていましたし、仕方ないんですけどね。

 

f:id:travelpudding:20170217235444j:plain

今回使用したチケットは「アメリカン航空ワシントンD.C行き諸税込み3万円」というチケットです。「Google Flight」で発見しました。

時同じくして「デルタ航空」でも同じような値段で売られていました。

こちらは、行き先にニューヨークが含まれていたのは有名な話でしょうか。

 

デルタ航空との違いとして、格安になる対象の行き先が異なるのもありますが、アメリカン航空のチケットは基本12か月有効、というのが大きなメリットではないかと。

今回発券したチケットも、期間を約10か月開けています。

 

 

さて、今回アメリカン航空を利用するにあたって、心配なことがありました。

それは「アメリカン航空のサービスがひどい」という噂です。

 

正直それらの具体例を見る限り、「ほんとかよ?」と思わせるようなものばかりだったんですが、火のないところに煙は立たないともいうし……

 

そんな不安を抱えつつ、成田空港へ。

アメリカン航空の指定ラウンジに訪れたり、なんやかんやしていざ搭乗。

f:id:travelpudding:20170217235711j:plain

北半球1周旅行の記念すべき第1便は、アメリカン航空154便シカゴ行き。

f:id:travelpudding:20170217235623j:plain

 

機材はB788、所要時間は12時間です。距離にして10000km超えのフライト。長い戦いになりそうです。

 

今回予約したシートは、「メインキャビン・エクストラ」にあたる11Lです。

カバンを足元に詰めてもかなり余裕の広さ。

 

アメリカン航空の場合、「メインキャビン」はいわゆるエコノミークラスを指し、「メインキャビン・エクストラ」は一応プレミアムエコノミーにあたる座席です。ただし、国際的なプレミアムエコノミーよりもシートピッチは狭めです。

「メインキャビン・エクストラ」の詳細はこちら

https://www.americanairlines.jp/i18n/travel-info/experience/seats/basic-economy.jsp

 

そんな「メインキャビン・エクストラ」。ワンワールドサファイア以上のステータス保持者は、なんと無料でアップグレードできます。

事前に予約した段階では空席だらけでしたが、実際搭乗してみるとほぼ満席。

追加料金が20ドルとお安いのも一因かと。

隣は日本人女性×2名でした。

 

出発時刻が18:20から18:10と10分早まったため、すんなりプッシュバック…といくかと思いきや、「順番待ち」によって約40分ほど1mmも動かないまま時が流れます。

いつも通り、といった感じなんでしょうかね。

ようやくプッシュバックし始めたのは19:00前だったでしょうか。かなり待たされた感じがあり、幸先から不安になります。

 

セーフティデモが流れ、ようやく離陸。

飛行機はひたすら太平洋を目指し、進路を東へ。

ドリンクサービスが始まったのは離陸から30分ほど。思ってたより早いです。

f:id:travelpudding:20170218002229j:plain

CAのおばちゃんも愛想よく振舞っていました。

 

そしてお待ちかね?の機内食

味は予想に反して全然普通。野菜はなぜか怖かったので残しましたが。

f:id:travelpudding:20170218002301j:plain

ご飯を食べたらあとは寝るだけ。

時差ぼけ回避のために映画も見ませんでしたが、ラインナップだけはちらっと見ました。「君の名は。」があったのは印象的でしたね。日本線だからでしょうか。

 

5時間ほど寝たでしょうか。気づいたらもうこんなところ。北米大陸も近いです。

f:id:travelpudding:20170218002445j:plain

が、さすがというかなんというか。

この位置からシカゴまで、まだ3時間以上残っているんです。

北米大陸の大きさ…恐ろしいです。

 

ここで起き続ける意味もないので、2度寝。

するともうこんな所へ。

f:id:travelpudding:20170218002519j:plain

そして朝食が配られます。

朝食の写真は失念しましたが、まずくなかったですよ。

 

到着40分ほど前に配られたアメリカの入国カード。これが日本語ver.だったので、間違えて日本語で書くミスをしました。恥ずかしい。

f:id:travelpudding:20170218003142j:plain

ミシガン湖が見えてくると左に旋回して、シカゴ・オヘア空港に定刻よりやや早めの現地時間15:10ごろに着陸。フライト自体は11時間ちょっとでしたので、遅れた分はしっかり取り戻しています。

KLMとエアリンガスの飛行機達が見られました。

 

f:id:travelpudding:20170218003259j:plain

 

今回、かなり不安に思いながら乗り込んだアメリカン航空

ほとんど寝てばかりでしたが、「思ったより悪くなかったし、特に文句をつける所がない」と思いましたね。

 

ただ、出発時間を10分早めて、結果50分遅れるのはいかがかと。

 

以下に続きます。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

travelpudding.hatenadiary.jp