修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

キャセイパシフィック航空543便 羽田〜香港

なんかふと海外に行きたくなったので、2泊4日で香港とマカオへ行くことにしました。

 

今回搭乗するのは羽田10:35発のCX543便です。キャセイパシフィック航空の初フライトと、羽田のキャセイラウンジの初訪問を兼ねています。

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

この便、搭乗の3日ほど前に機材変更がなされているのが判明しました。相当利用者が多いのでしょうか。キャセイで最も詰め込めるタイプのB777-300(キャセイ側の表示では73z)を仕立てています。

f:id:travelpudding:20170809100831j:plain

そんなに乗客が多いと、もしかしてもしかするのか?と思い、ちょっと期待してカウンターに向かいましたが、特に何もなし。事前の座席指定のリクエストは通ったので良しとしましょう。

 

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

チェックインの時に、ラウンジのインビテーションの紙をもらいます。搭乗券のようなインビテーションの紙をもらったのは初めてでした。

f:id:travelpudding:20170809101518j:plain

ボーディング時刻が近づいたので、143番ゲートへ。

 

今回も優先搭乗の恩恵に預からせていただこうと思います。

f:id:travelpudding:20170809101804j:plain

このように列が分かれていましたが、ファーストクラスの設定がないこの便で、この分け方に意味があるのかは不明。

 

結局2列同時にボーディングさせてましたし…

 

座席は3-3-3の組み合わせ。

f:id:travelpudding:20170809102055j:plain

ただし後ろ2列は2-3-2となるので、事前にそこを狙っていたのです。

f:id:travelpudding:20170809102124j:plain

そして座席に座って驚きました。

 

「この座席、後ろにリクライニングしないぞ」と。

 

一応リクライニングのボタンはありますが、その機能はすでにぶっ壊れ、望んでなくても座席が勝手に前にせり出してしまいます。

キシキシと音を立てるこの座席には、背中のホールド感もなく、配布された毛布を腰にあてがわないとしんどいレベル。

 

足元は結構広いことと充電が出来ることが何よりの救いでした。

f:id:travelpudding:20170809102217j:plain

また、離陸前から入国カードを渡してくれたのも結構ありがたかったです。

 

隣にはエバー航空のサンリオ塗装の機材が出発を待っていました。

f:id:travelpudding:20170809102309j:plain

こんな詰め込み機材をよこすぐらいだから、ボーディングに時間がかかって、なしくずし的にディレイすると思っていましたが、定刻でプッシュバック。その流れでセーフティデモが始まります。

f:id:travelpudding:20170809102557j:plain

それから20分ちょっとで離陸します。

 

離陸して揺れまくっているにも関わらず、この日は6時前に起きたからか、猛烈な眠気が襲いかかってきます。

 

正直、こんな機材でも寝れるものなのかと自分に驚きました。

 

離陸から1時間ほどして、ドリンクとピーナッツの配布。

f:id:travelpudding:20170809102338j:plain

それから40分後に機内食を配布。

 

チキンかビーフか選べましたが、チキンはギャレーまで取りに行くために時間がかかると言われたので、ビーフを選択しました。

 

お肉は普通に美味しかったです。

f:id:travelpudding:20170809102508j:plain

気づけば台湾上空を通過していました。

f:id:travelpudding:20170809102658j:plain

映画は1本見終わってしまい、残り1時間半しかなかったので、映画を見るにしてはどうにも中途半端なので、この記事を書き進めていました。

 

高確率で1時間〜2時間ほど寝てしまう私にとっては、もう少し長い距離の方が私の性に合っている気がします。

 

この機材では絶対嫌ですが。

 

香港時間14:05ごろにベルト着用サインが点灯します。

f:id:travelpudding:20170809102907j:plain

そして、15分弱ディレイして香港国際空港に着陸しました。

 

空港の隅っこでキャセイの飛行機たちが集まっています。

f:id:travelpudding:20170809102739j:plain

ようやくスポットに到着。2つ隣にはシンガポール航空A380が止まっていました。

f:id:travelpudding:20170809102816j:plain

さて今回のフライト、記念すべきキャセイパシフィック航空初利用でしたが、思わぬ機材変更の結果、オンボロシートとの約5時間に渡る戦いでした。

 

フライト後半は慣れてきたのか、最初ほどの嫌悪感はありませんでした。それでも、この座席で5時間以上フライトするとなると、おそらくかなりきついです。

 

 

他の機材に乗ってみないと何とも言えませんが、次にキャセイに乗る機会があれば、少なくともこの73zには当たりたくないなあと思わされるフライトでした。

 

こちらに続きます。

 

travelpudding.hatenadiary.jp