読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

アメリカン航空1899便でシカゴからシャーロットへ

 

travelpudding.hatenadiary.jp

travelpudding.hatenadiary.jp

 

これらの続きにあたります。

 

とっっってもめんどくさい保安検査を抜け、ラウンジも探訪し、いよいよ人生初のアメリカ国内線搭乗です。

 

まずは、アメリカン航空1899便でシャーロットへと向かいます。

f:id:travelpudding:20170302071304j:plain 

そもそも行き先の「シャーロット」って一体どこだよ!って思いますよね?

私も今まで聞いたことない街でした。

 f:id:travelpudding:20170302071615j:plain

こんなところにあります。

シカゴからだいたい1000kmぐらいなのですが、この2都市間で時差が1時間生じています。

f:id:travelpudding:20170302071846j:plain

日本に当てはめると長崎ー東京を移動したら時差が1時間生じるのと同じなので、なんか変な感じです。

 

そんなシャーロットも、アメリカン航空の乗り継ぎパターンではよく使われる空港らしく、シカゴ〜シャーロット間で1日9往復も運行しています。

 

形式上、シカゴではトランジット扱いのため、到着してから24時間以内(15:15より前)ならどの便に乗っても問題ないので、1899便の1本後にあたる13:45発のアメリカン航空1750便でもよかったのですが、シャーロットでの乗り継ぎパターンにうまくはまらず、このアメリカン航空1899便を選択した次第。

 f:id:travelpudding:20170302071936j:plain

この便、A321を使っている事から、そんなに搭乗率が低くなくそこそこの利用客が見込めるようで、現に多くの人がボーディング待ちをしておりました。

f:id:travelpudding:20170302072010j:plain 

私は事前に前方席を確保しており、なおかつ搭乗のタイミングも好きに選べるので、ギリギリまで空港Wi-Fiを繋いで待機。

 

そして乗客がまばらになったころに私もボーディングしました。

案の定、かなり乗客がいました。

 

今回指定したのは、エコノミー(メインキャビン)の7Fです。あたりを見渡すと、どこも真ん中の席が空いていたので、どうやら隣席ブロックがなされていた模様。

 

座席はそこまで広くなかったので、これはありがたかったですね。

f:id:travelpudding:20170302072106j:plain 

ほどなく全員着席し、ドアクローズド。定刻より数分早くプッシュバック。

もっと時間がかかると思っただけにこれは意外でした。

 

機内には、コンセント電源はおろかテレビもないので、セーフティーデモは実演タイプ。

 

滑走路へ向かう時、離陸待ちの飛行機を見ましたが、相当な数の飛行機が待機していました。狭い日本ではまず見られない光景で、アメリカの広大さを実感しました。

 f:id:travelpudding:20170302072202j:plain

f:id:travelpudding:20170302072239j:plain

飛行機の数が多かったので、もう少し待たされるかと思ったのですが、プッシュバックからトータル15分ぐらいで離陸。

 

離陸してすぐに、こんな広大な景色が広がります。

f:id:travelpudding:20170302072325j:plain

昨日は曇りがちだったのであまり確認できませんでしたが、今日ははっきりと見えました。

 

 

ちなみにこの便では、テレビがない代わりに機内Wi-Fiが存在します。

その画面がこちら。

 f:id:travelpudding:20170302072359p:plain

JALユーザーなら見覚えがあるのではないのでしょうか。

JALアメリカン航空も、同じアメリカの「gogo社」が提携しています。

ドラマや映画も無料で視聴可能なのはJALと変わりませんでしたが、インターネット接続は有料でした。今回はパス。

 

一応軽食とドリンクサービスも行われました。どちらも無料。

ラウンジで食事を取ったので、そこまで必要だとは感じませんでしたが、中身がプレッツェルだったのでいただくことに。

f:id:travelpudding:20170302072438j:plain

これおいしいのですが、ぱっさぱさだったので口の中の水分が持っていかれます。

コーラで流し込み完食。

 

時差は1時間あるとはいえ、距離としてはそんなに遠くなく、通常でも2時間で着いてしまうので、予定時間よりもずっと早く運航していたみたいです。ゆえに離陸から1時間ちょっとでベルト着用サインが点灯。

 

そしてあっさり着陸。現地時間で14:45ごろだったので、定刻よりも約30分早かったです。

 f:id:travelpudding:20170302072539j:plain

この空港に大型機は着陸しないようで、A320クラスの飛行機ですら「大きい」と感じるほどです。

 

10分ほどでスポットへ到着し、降機します。

 

間髪入れずに次はワシントンD.Cへと向かいます。