修行僧ぷってんの雑記

大学生でも上級会員を目指すブログ

ゼミ合宿でシンガポールへ~スクートの悪夢編~

前回、スクートの説明を軽くしましたが、それだけ見たら「アリ」なんじゃないかと思われがちですが、そうはいかないのがLCC

 

travelpudding.hatenadiary.jp

 

まずは出発時間です。

 

スクートは成田から、経由が違うシンガポール行きを2便運航しています。どちらにせよ、成田空港に向かうことになります。

f:id:travelpudding:20170702152849j:plain

出発時刻はバンコク経由のTZ291便が10:00、台北経由のTZ201便が12:15発です。

 

成田まで2時間半かかる私にとっては、当然TZ201便がいいに決まっていますが、残念ながらこの2便には料金差が8000円もあります。

 

今回は安さを突き詰める旅行(でなければこんな黄色いのに乗る予定はない)なので、成田10:00発のTZ291便になってしまいました。

 

成田には8時に着いておきたいので、この時点で5時起きが確定します。

 

うっはーたのしそー。わくわくするわー。遠足気分♪

 

 

…嘘です。すでに鬱です。

 

次にチェックインと保安検査、さらにラウンジです。

 

スクートは航空会社のアライアンスに属していないので、「ワンワールドサファイアステータス」なんてものは、スクートの前ではゴミみたいなものです。見せても何も起きません。虚しさが増すだけなのでやめましょう。

 f:id:travelpudding:20170702152110j:plain

チェックインもエコノミーの列で並び、保安検査も通常のレーンで並びます。当然ですがラウンジも使えません。

 

「プライオリティパス」や「ゴールドカード」を所有していれば、ラウンジを利用できますが、1回きりのためにわざわざ用意するのもしゃくな話。

 

それに、友人もいる手前、自分1人だけラウンジに行くのも変ですよね。

 

 

次に機内。

 

個人用モニターなんてものはありません。機内食やドリンクも出ません。

個人用モニターはともかく、ドリンクが出ないのは、生命維持という観点では死活問題です。

f:id:travelpudding:20170702152612j:plain

機内食が12シンガポールドルなので約1000円。ドリンクは350ml缶で4シンガポールドルなので約320円。

※それぞれ1シンガポールドル=81円で計算

 

たけえ。

 

日本のレギュラーガソリンの価格って、だいたいリッター120円ぐらいじゃないですか。

 

スクートさんはその約7倍の値段を吹っかけるわけですよ。

 

すげえ。

 

そもそもスーパーに行ったら、350ml缶なんて60円程度で買えます。価格差は約6倍。

 

 

「なら、保安検査過ぎてからドリンク持ち込めばよくね?」って思う人もいるかもしれません。行きは多分可能だと思います。やるかどうかはさておき。

 

問題は帰りです。

 

原因は、シンガポールチャンギ空港のシステム。

f:id:travelpudding:20170702152727j:plain

通常、保安検査というのは搭乗前には終わっているパターンがほとんど。

 

しかしチャンギ空港(とクアラルンプール国際空港)は、搭乗する時に保安検査を要求してきます。

 

当然ですが水は持ち込めません。怒られます。

 

※空港での保安検査があまりにも信用できず、通常の保安検査とは別に、航空会社独自で保安検査する場合もあるらしいですが…

 

 

現時点での憂鬱な点を長々と語りましたが、実際に搭乗してみなければわからない事も多いですよね。

 

期待0で行って、「お、思ってたよりも10段階で3ぐらい良かった」というのが理想です。

 

最後に…

 

なぜ私がこんなに憂鬱なのか?その理由はたった1つ。

 

ホテル代を勘案しても、クアラルンプール発券と値段が2万円程度しか変わらないからです。

 

これに尽きます。